バッテリ寿命が約6年に、「ルンバ」最上位シリーズ、フルメンテ付き

2015.5.27 20:19配信
バージョンアップした「ルンバ 800シリーズ」

セールス・オンデマンドは、米アイロボットのロボット掃除機「ルンバ」最上位シリーズの新製品として、約6年のバッテリ寿命を実現した「ルンバ885」「ルンバ875」を6月3日に発売する。家電量販店、百貨店、アイロボット公式ストアで販売する。公式ストアでの税別価格は、「ルンバ 885」が8万4000円、「ルンバ 875」が7万4000円。

「ルンバ」の最上位シリーズ「800シリーズ」をバージョンアップ。「iRobot Li-ion リチウムイオンバッテリー」を搭載し、バッテリ寿命が現行モデルの2倍の約6年を実現した。製品メンテナンスサービス「アイロボットケア ルンバ885/875バリュープラン」も付く。

メンテナンスサービスは、ルンバ購入後にユーザー登録をすれば利用できる。購入から約10か月後に専門スタッフがフルメンテナンスする。アイロボットの技術研修を終了した専門スタッフが、隅々までルンバを点検。ルンバを分解・清掃するほか、各センサの稼働確認、稼働部の動作確認とバッテリ性能の確認、ルンバソフトウェアの最新版へのアップデートを行う。不具合が見つかった場合は、パーツ修復・交換を行う。

「ルンバ885」には、部屋の境界線の端に設置し複数の部屋を順番に効率よく掃除する「お部屋ナビ」や、「交換用エッジクリーニングブラシ」が付属する。カラーは、「ルンバ885」がブラック、「ルンバ875」はシルバー。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング