三浦貴大「お母さんが京香さんでよかった」 鈴木京香、子を戦地に送り出す母親役

2015.5.28 20:23配信
映画『おかあさんの木』の完成披露舞台あいさつに登壇した出演者たち

 戦後70年企画作品として東映が製作した映画『おかあさんの木』の完成披露舞台あいさつが28日、東京都内で行われ、出演者の鈴木京香、三浦貴大、田辺誠一、磯村一路監督が登壇した。

 7人の息子を次々と兵隊にとられ、そのたびに桐の木を植えて息子たちの無事を祈る母親を演じた鈴木は「悲しいけど、すてきなお話。母親の強い愛と、その母親を思ってくれる息子たちの、優しい愛に満ちた映画です。たくさんの方に見ていただけたら」と穏やかに呼び掛けた。

 笑顔で子どもを戦地に送らなければならなかった当時の母親について、「気持ちを押し殺してというのは、どんなにつらいことだっただろう」と思いを寄せた鈴木は、「頭の中では、難しい役だからしっかり役をつくらなきゃと思っていたけど、一郎、二郎、三郎、四郎、五郎と送り出す中で、それぞれの息子を前にしたら自然にその気持ちになれたと思います」と撮影を振り返った。

 次男の二郎役を演じた三浦も「僕も同じ。どう気持ちをつくっていくか、いろいろなことを考えていたけど、現場に立つとそこに京香さん演じるお母さんがいた。これが母と別れて戦地に向かう気持ちなのかと自然と感じられた」と回顧。「本当にお母さんが京香さんでよかった」と感謝する三浦に、鈴木も「うれしいです。ありがとうございます」と感極まった様子だった。

 映画は6月6日から全国ロードショー。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング