小出恵介と黒島結菜が、昭和の世界に挑む

2015.5.29 12:00配信
左から、倉持裕、小出恵介、黒島結菜  撮影:石阪大輔 ヘアメイク:千葉友子 スタイリスト:兼子潤子 左から、倉持裕、小出恵介、黒島結菜  撮影:石阪大輔 ヘアメイク:千葉友子 スタイリスト:兼子潤子

劇作家・倉持裕が書き下ろす新作『虹とマーブル』が8・9月、東京・世田谷パブリックシアターほかで上演される。1960~80年代の日本を舞台に、スケールの大きなドラマが展開するという。倉持と、主演の小出恵介、その相手役を務める黒島結菜に聞いた。

M&Oplaysプロデュース『虹とマーブル』チケット情報

「60~80年代に設定したのは、日本がギラギラしていたエネルギッシュな時代で、主役が主役らしく輝けるから」と倉持はその意図を語る。「約30年もの長いスパンで書くのは、僕にとって新しい挑戦ですね。俳優たちは20~40代までを演じることになる。欲望剥き出しに、泥臭く演じてほしいです」。

小出が演じるのは、チンピラから成り上がっていく男、鯨井紋次。倉持が「小出くんはワイルドさと知的な雰囲気を両方もっている人。裏の世界で生きる男を、チャーミングに演じてくれるはず」と太鼓判を押せば、小出は「昭和の人間を演じたことは何度かありますが、生きる意味や社会での立ち位置をみんな考えていて、名を成すことに照れがなく素直に動いていたイメージがあります。自分もこの時代に生きていたら、時代の空気に乗ってめちゃくちゃやっていたかもしれないですね」と笑う。

その紋次に若き日に見初められ、女優へと押し上げられていくのが、黒島演じる芹沢蘭だ。倉持はふたりの関係性について「紋次はスターを作ることで自分の力を誇示したかったけれど、蘭は最初、そこまでやる気を持っていなかった。ところが、実際にスターになってみると、蘭に自覚が芽生え、狡猾になっていくのに対して、紋次は、自分の掌の上で蘭を転がしていたはずなのにと、ふと我に返る。関係性が逆転するさまを描けたらと思っています」と説明。

黒島が「今回が初舞台ですし、20代から40代までを演じるのも初めて。不安はありますが、楽しみのほうが大きいです。ただ、私がこの時代に生まれたら、女優もやっていないだろうし、すぐにつぶされていたと思います。今の仕事も初めから目指していたわけではなく、やり始めてからがんばろうと思ったくらいで、流れに身を任せるタイプなんです」と言うと、倉持は「蘭とのイメージと重なります。思い切り演じてほしい」とエールを送った。

倉持によれば、『虹とマーブル』というタイトルには「どん底かてっぺんか、その立場による物の見え方の相違が表されていて、観劇後にその意味が分かる仕掛けになっている」という。どこかほろ苦さも漂いそうな気配だが、「哀しいだけではなく、希望をもって終わりたい。“時代遅れ”なファンタジーを、楽しんでほしいですね」(倉持)。

東京公演は8月22日(土)から9月6日(日)まで。チケットの一般発売は6月20日(土)午前10時より。チケットぴあではインターネット先行抽選「プレリザーブ」を実施中、6月2日(火)午前11時まで受付。

取材・文:高橋彩子

いま人気の動画

     

人気記事ランキング