プロ向けの超高精細液晶ディスプレイ、4K/5Kに対応、日本HPから

2015.6.1 11:53配信
「HP Z27q」(左)と「HP Z27s」

日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は5月28日、ワークステーション向け液晶ディスプレイの新製品として、「HP Z27q 5Kプロフェッショナル液晶モニター」「HP Z27s 4K UHDプロフェッショナル液晶モニター」「HP Z24n プロフェッショナル液晶モニター」の3機種を、オンラインショップのHP Directplus、HP Directplusコールセンター、日本HP代理店、HP Directpartnerで発売した。価格はいずれもオープン。

「HP Z27q」と「HP Z27s」は、詳細な画像表示ができる超高解像度液晶ディスプレイ。4Kまたはそれ以上のフォーマットで撮影したメディアを、細部まで存分に楽しめるなど、写真家やポストプロダクション、放送局などコンテンツ制作現場、画像分析、製品デザイン、アプリ/ソフト開発、データ解析、ミーティングルームでの利用などに適する。

「HP Z27q」は、5K対応の27インチワイドIPS液晶パネル(解像度5120×2880)を搭載し、1470万画素の超高解像度に加えて、最大約10億色を表示できる。Adobe RGB、sRGB、BT.709の色域をプリセットし、色補正を行ってから出荷するので、開梱後すぐに正確な色域を使える。

インターフェースは、DisplayPort 1.2×2基を備える。HP Directplusでの税別価格は12万8000円。

「HP Z27s」は、4K対応の27インチワイドIPS液晶パネル(解像度3840×2160)を搭載し、829万画素の解像度で、sRGB 100%の色域で約10億色のカラー表示に対応する。画面の分割表示(ピクチャー・バイ・ピクチャー)や、小画面表示(ピクチャー・イン・ピクチャー)が可能で、スタンドはピボットに対応し、高さ、チルト、スイベルが調整できる。

インターフェースは、DisplayPort×1基、Mini-DisplayPort×1基、HDMI(MHL対応)×1基、HDMI×1基を備える。HP Directplusでの税別価格は9万8000円。

「HP Z24n」は、24インチワイドIPS液晶パネル(解像度1920×1200)を搭載する。従来機種「HP Z24iプロフェッショナル 液晶モニター」と比較して、ベゼル幅を約60%スリム化し、マルチモニタ時にシームレスな映像表現を可能にした。

デイジーチェーン接続によって、複雑なケーブル配線を行うことなく、最大4台のディスプレイを接続でき、画面の分割表示や小画面表示にも対応しているので、金融のトレーディング環境や監視映像センターなど、マルチモニタが求められる環境で役立つ。また、sRGBの色域をプリセットし、色補正後に出荷する。

インターフェースは、DisplayPort入力×1基、Mini-DisplayPort入力×1基、DVI入力×1基、HDMI入力(MHL対応)×1基、DisplayPort出力×1基、オーディオ出力を備える。HP Directplusでの税別価格は5万8000円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング