平愛梨も「おったまげた」『呪怨』最終章がアジア進出

2015.6.2 21:50配信
平愛梨

人気ホラーシリーズの最新作にして最終章『呪怨 -ザ・ファイナル-』の完成披露試写会が6月2日に、東京・新宿バルト9で行われ、主演の平愛梨、桐山漣、おのののか、 落合正幸監督が出席。舞台あいさつの途中に、本作のキーパーソンである伽椰子役の最所美咲と、俊雄役の小林颯くんが劇中と同じメイクでサプライズ登場すると、平は「おったまげた」と驚きの表情だった。

完成披露試写会の模様&LINEスタンプ画像

映画は主人公・麻衣が、突然、消息を絶った妹を捜す過程で、小学校の教師だった妹が“佐伯俊雄”という不登校の生徒の家を訪れていたことを知り、その生徒を手がかりに妹の行方を追ううちに想像を絶する恐怖に遭遇する。

主演を務めた平は「極度の怖がりなので、オファーをいただいたときは信じられない思い。不安も大きかったし、現場では過呼吸や貧血になることも…」と述懐。共演陣も「中学時代に見て、トラウマになった作品。そのファイナルだけに、恥のないよう演じた。光栄で貴重な機会」(桐山)、「23歳にして女子高生役で、制服も久々だったのでいろんなドキドキがありました」(おの)と話した。

同日、本作が韓国、台湾をはじめアジア11の国と地域で公開されることが発表され、落合監督は「映画はファイナルですが、この呪いは永遠。きっとこれからも、世界中に蔓延するはず」と武者震い。「最終章だけに、すごいプレッシャーだったが、その分いろんな恐怖シーンを盛り込んだ。撮影しながら、我々が呪いによって、映画を“撮らされている”感覚に襲われた」と振り返った。映画とコラボしたLINEスタンプ、その名も『呪って怨んで』の発売も始まっている。

『呪怨 -ザ・ファイナル-』
6月20日(土) 新宿バルト9ほか全国公開

取材・文・写真:内田 涼

いま人気の動画

     

人気記事ランキング