高画質インカメラ搭載「au」スマホ、5.1chバーチャルサラウンドにも対応

2015.6.3 11:24配信
HTC J butterfly HTV31

KDDIと沖縄セルラーは、「au」スマートフォン(スマホ)の新製品として、高画質インカメラによってセルフィー(自分撮り)を美しく楽しめる「HTC J butterfly HTV31」を6月5日に発売する。カラーは、ロッソ、シルク、インディゴの3色。

4G LTEや「WiMAX 2+」、キャリアアグリゲーションに対応。2基のレンズによって奥行きを検知する世界初搭載の約2020万画素「DUOカメラ」に加えて、日本のスマホにおける最高画質の約1300万画素インカメラを備える。どちらのカメラも4K動画撮影に対応する。

撮影しながら肌の「キメ」を調整でき、「メイン、サブ同時撮影」「プリクラ風4連続撮影」「リアルタイム美肌効果」「クリエイティブな画像をつくる加工」といった多彩な撮影機能を搭載する。また、撮った写真を本体、SNS、クラウドフォルダをまたいで検索する「HTC ONEギャラリー」によって、時系列、イベントごとなどに写真を自動で整列して表示することもできる。

ユーザーインターフェースにはHTC独自の「HTC Sense」の使い勝手を向上した最新のバージョン7を備えており、「HTC SENSE HOME」では「Blinkfeed」とHTCテーマ、ウィジェットの機能を組み合わせることで、自分好みのカスタマイズを可能にする。

HTCテーマは、壁紙やアイコン、ウィジェットの着せ替えや、ユーザーが作成したホーム画面のシェアに対応し、他のユーザーやクリエイターが投稿したホーム画面テーマをダウンロードしたり、自分で撮影した画像を設定したりと、好みに合わせてコーディネートできる。また、「HTC Senseウィジェット」は、使用する場所に合わせて、よく使用する順にアプリのアイコン表示を自動で変更し、おすすめのアプリを提案する。

本体には、日本で発売するスマートフォンとしては初めて、デュアルフロントスピーカーとドルビーオーディオを搭載し、5.1chバーチャルサラウンドに対応するとともに、サラウンド効果を楽しめる「シアターモード」や、ボーカルをより際立たせる「ミュージックモード」を備える。このほか、ハイレゾ対応ヘッドセットを利用すれば、192kHz/24ビットのハイレゾ音源再生にも対応する。

5.2インチ液晶ディスプレイ(解像度1440×2560)、3GBのメモリ、32GBのストレージを搭載し、対応メディアは最大200GBのmicroSDXCカード。OSはAndroid 5.0。バッテリ駆動時間は、連続通話が約1120分、連続待受が約370時間。サイズは幅73.0×高さ151.0×奥行き10.1mmで、重さは約162g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング