レノボ、オールインワンデスクトップPC、21.5インチのエントリーモデル

2015.6.3 18:31配信
Lenovo C40

レノボ・ジャパンは、エントリー向けオールインワンデスクトップPC「Lenovo C40」を、6月5日に発売する。価格はオープン。

21.5インチワイド液晶パネルを搭載。「レノボアシスタント」を使って、お気に入りの管理、閲覧履歴の削除、ネットワーク接続の管理、電源マネジメントなどを簡単に設定できる。また、万が一の事態に備えて、OSや各種ファイルを内蔵/外付けHDDへ容易にバックアップすることができる「レノボレスキューシステム」を備える。

本体は、ツールレスきょう体を採用しており、HDDの入れ替えやメモリ増設などのメンテナンスをユーザーが自分で行うことができる。

21.5インチワイド液晶ディスプレイ(解像度1920×1080)、4GBのメモリ、1TBのHDD、DVDスーパーマルチドライブ、Microsoft Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービスを搭載する。インターフェースは、USB2.0×3、USB3.0×2、HDMI出力×1、1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T準拠の有線LANポート、6 in 1メディアカードリーダー、ウェブカメラなどを備える。無線通信機能は、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANとBluetooth 4.0。OSはWindows 8.1 Update 64ビット。

ラインアップは、CPUにインテルCore i5-4210Uを採用した「F0B40096JP」と、CPUにインテルCeleron 2957Uを採用した「F0B40094JP」の2モデル。税別の実勢価格は「F0B40096JP」が11万9500円前後、「F0B40094JP」が9万2500円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング