忽那汐里が追悼式典に出席

2015.6.4 14:42配信
忽那汐里と田中光敏監督 (C)2015 Erutugrul Film Partners

日本トルコ合作映画『海難1890』に出演する忽那汐里と田中光敏監督が、6月3日に行われたエルトゥールル号追悼式典に参加し、慰霊碑に花を捧げた。

その他の写真

映画『海難1890』は、明治23年に串本町樫野崎沖で遭難したトルコ軍艦エルトゥールル号の海難事故を題材とした作品。事故から125年目を迎える今年、現地の住民たちによる救助活動が行われた場所である現在の和歌山県串本町で追悼式が行われ、日本・トルコ協会総裁でもある彬子女王殿下や、トルコ共和国大国民議会議長のジェミル・チチェキ氏など、両国の代表が多く参加した。

式典には、トルコでの追加撮影を終えたばかりの田中監督も駆けつけ「トルコの皆さんとの協力の中で撮影が進んでいき、普段はトルコの映画人たちが言っても許可をとれないような場所で撮影ができました。そういう部分がこの映画の力になっています。125年前のここ樫野での出来事が発端となって、今でも日本とトルコが友情を紡いでいる。本当に先人たちに感謝をしています」と述べた。また、忽那は「舟のシーンは500名位のトルコのエキストラの方に参加して頂いて、撮影が過酷だった分その人間性がとても現れる撮影でした。今回は本当に周りの方に助けられた現場でした」と振り返った。

さらに田中監督は「トルコの女性の方々がティッシュでチューリップの花を作ってくれて、メモで『この映画を作ってくれてありがとう。私達にできることはこういうことしかないけれど、日本とトルコの友好のためにこういう映画ができたことをすごく誇りに思うし、感謝している』と言って花をモニターの前に置いて帰ってくれた。そういうことも含めて日本とトルコの海難事故、救出劇、そういうものをを乗り越えたところに友好とか友情とか真心とかが今も残っているんだなというのは、現場でトルコの人達と作品を作っていて肌で感じられました」と語った。

忽那は映画について「日本とトルコに関してはほかの国にはない特別な絆と関係が長い年月で築きあげられていて。それをご存じで無い日本の方も多いと思うので、知って頂くきっかけになれればなと思っています」と話した。

『海難1890』
12月5日(土)全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング