楠田枝里子「朗らかなお父さんみたいな方」 美川憲一はうつみ宮土理を気遣う

2015.6.5 11:35配信
しのぶ会に参列した楠田枝里子

 4月15日に肺がんのため亡くなった俳優の愛川欽也さん(享年80)をしのぶ会が4日、東京都内でしめやかに営まれ、参列者の楠田枝里子、美川憲一、神田うのほかが報道陣の取材に応じた。

 フジテレビ系の紀行・クイズ番組「なるほど!ザ・ワールド」で司会として愛川さんと15年間共演した楠田は「共演者、スタッフ、技術さん、スポンサーも仲良しで、大きな家族のような温かい番組」と振り返り、愛川さんは「朗らかなお父さんみたいな方でした」と思い出を語った。

 1年前には番組の同窓会が行われ、愛川さんとともに壇上に立ったという。「いつもお元気そうで、まさか1年たたずにこんなことになるとは…。何か健康に不安があるようには見えませんでした。最後までエネルギッシュにお仕事をしていらして、お幸せな人生だったであろうと思います」と故人をしのんだ。

 美川憲一と神田うのはそろって取材に応じ、仲のいい2人の出会いは「なるほど!ザ・ワールド」だったと明かした。美川は「迷いやブランクがあったときに、うのに出会わせてくれました。隣の席に座ってね。あれがなかったらここまで親しくならなかった」と語り、神田も「キンキンが会わせてくれた。キンキンは芸能界でのパパです」と感謝を述べた。

 この日、神田はうつみ宮土理と「ぎゅうってハグして抱き締めました。しゃべるよりもハグをして」といたわり、美川も「もともと細かったけど、なおいっそう痩せられて。友達としてそっとしておいてあげるのが一番いいと思って電話も控えていたんです」と憔悴(しょうすい)しきったうつみを気遣った。

 また、話題となったうつみが開いた記者会見について、美川は「いろいろなことがあっても、みどりさんは割と寛大だった。『元気でいてくれたらいい』といつも言っていました。赤い糸がぷつんと切れて、立ち直れなくて、ああいう記者会見になってしまったんだと思います。友達として理解してあげたい」と語っていた。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング