斎藤工「貧乳クラブ」に興味津々 映画『家族ごっこ』イベントに出席

2015.6.5 12:20配信
(左から)小林豊、新木優子、斎藤工、鶴田真由、木下ほうか

 映画『家族ごっこ』のプレミア先行上映会が4日、東京都内で行われ、出演者の斎藤工、鶴田真由、木下ほうか、新木優子、矢部太郎、木下半太監督ほかが登壇した。

 どこかズレた5組の家族の姿をシュールに描いたオムニバス作品で、この日開催された国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2015」のオープニング作品として上映された。

 斎藤は、ある日突然集められ「鈴木家」を演じさせられる4人の男女の謎を描いた「鈴木ごっこ」に出演。今回は“柄の悪い役”とあって、司会者から「甘いマスクの役と柄の悪い役、どちらがいい?」と尋ねられると「どちらでもいいんですよ。でもいい人の役の方がコマーシャルが決まりやすい。今までは殺すか殺されるかだったので」とあけすけに語って、笑いを誘った。

 また擬似家族の1人を演じた柄本時生について、斎藤は「一応、僕は時生のお父さんという役なんですよね?」とあらためて木下監督に確認。「びっくりしました。すごい息子ができました」と設定に驚きながらも「まずは見てください。とても面白いです」と自信たっぷりにアピールした。

 一方、『家族ごっこ』のオムニバス作品のうち、新木が出演した「貧乳クラブ」が「一番気になった」という斎藤は「今度はこれに出たいなと思って。この“男性版”はどういうタイトルになるのか。どう(出演する候補者を)チェックするのか、非常に気になります」と“下ネタ”トークを展開。「男性版があれば出たい」と張り切る矢部にも「矢部さん、よく触ってますもんね」と突っ込みを入れ、会場を沸かせていた。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング