もしかして…飽きられてる? 「デートに遅刻してくる男」の心理3つ

2015.6.10 16:00

「ごめん、ちょっと遅れる!」と、彼氏がデートの時間に遅刻してくる……少なからず心当たりがあるという人は多いはず。今回は、デートに決まって遅刻してくる男性の深層心理について考えてみました。

好きな人がたまに遅刻してくることはありませんか? LINEで「ごめん、ちょっと遅れる!」と、決まって約束の時間に遅刻してくる……なんてこと、あなたも少なからず心当たりがあるはず。

なかには「仕事疲れが溜まって寝坊しちゃったのかな」と、大目に見ている女子もいるかもしれませんね。

でも、あなたが思っている以上に、デートに遅刻する男性にはある複雑な理由が絡んでいそう……。

今回はそんなデートに決まって遅刻してくる男性の深層心理について考えてみました。

異性としての興味関心度が低い

一目惚れを除いて、まだ知り合ったばかりのうちは、相手に対する興味関心度が低いもの。

なんとなく気が合って一緒にご飯を食べたり、飲む機会が増えても、彼が約束の時間に遅刻することが多いなら、あまりあなたを異性として意識していないのかもしれません。

それこそ初めのうちは相手に遠慮して、時間前に待ち合わせ場所に足を運んでいた彼も、あなたとの関係に慣れてくると、次第に「相手は○○さんだし、ちょっとくらい遅れても大丈夫かな」という、気持ちが芽生えてきてしまうのかも……?

よく出会った異性とは2~3ヶ月のうちに距離を縮めなければ、ふたりの関係は平行線のままで進展しづらいといいます。

もし、知り合ったばかりの男性で気になる人がいるなら、「出会い始めが肝心」と思って積極的なアピールを怠らないようにしたいですね。

ほかに好きな人がいる

なんとなく両想いのように感じる男性が、約束の時間に遅刻してくることが多いなら、案外ほかに好きな人がいるのかもしれません。例えば昔付き合っていた彼女が忘れられない、最近気になる人ができたなど……。

あなたとの関係に居心地の良さを感じながら、まだ付き合うことには踏み切れないようなら、彼はあなたを友達以上恋人未満として見ているのかも……?

男性によってはまだまだ遊び足りず、ほかの女性に目移りしてしまっていることも考えられそうです。

彼がもっと年齢を重ねれば精神的に落ち着いて、より結婚を視野に入れた付き合いもできるそうですが……。それまで待っていられない、彼との関係に不安があるようなら思い切って見切りをつけて、新しい人を見つけることもひとつの選択肢になりそうです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

超簡単♪ モテ声&小顔・デカ目美容術

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント