高級な香川のブランド牛「オリーブ牛」

香川県は現在、「オリーブ牛」というブランド牛の生産に力を入れています。その中でも小豆島周辺で育てられている「小豆島オリーブ牛」はとても高級な牛肉。

オリーブのオレイン酸が牛肉の美味しさを生み出すのにマッチしていたため、オリーブ飼料を開発。オリーブ飼料で育てられたオリーブ牛は、脂の融点が低く、とろけるような上質なお肉なんだとか。

その「小豆島オリーブ牛」になる前の子牛を豊島で育てている中野 博喜さんは、なんと牛舎を使わず棚田で牛を飼育しているんです。外で牛を飼育するようになって、子牛が病気をしなくなったと言います。

外だと免疫力が上がるのかもしれませんし、狭い牛舎と違って、ストレスがないからかもしれませんね。病気を治すための投薬をしなくてよくなった中野さんの健康な子牛。オリーブ牛がますます美味しく感じそうです。

「オリーブ牛」が期間限定で超リーズナブルに食べられる!

「オリーブ牛」、すごく気になりますよね!? しかし、オリーブ牛は3~5等級のお肉でなければいけないという厳しい基準があるので、市場に出回る数もまだ少なく、見つけたとしても高価なお肉となっています。

でも、オリーブ牛を世に広めたい! その美味しさを知ってほしい! と考えている香川県。うどんじゃない魅力を紹介してきましたが、香川と言ったらやっぱり“うどん”です。

そこで、「はなまるうどん」と香川県、そして高松に行くのに便利なジェットスターの3者が、県の活性化に“本ごしを入れる”プロジェクトを始動。「オリーブ牛うどん」を数量・期間限定で販売することが決定! 一足先に試食してきました。

目の前に運ばれてきたのは、牛肉と刻み海苔が山盛りに盛りつけられたうどん。ジェットスターのアイコンである星形の人参とグリーンのオリーブの実が添えられ、見た目にも鮮やか。

温かいつけダレにつけていただきます。甘辛く味付けられたオリーブ牛。食欲が増す、ガツンと力強い味ですが、肉はふんわり柔らか! 貴重なオリーブ牛を口いっぱいにほおばることができて幸せ! 牛肉の味付けがしっかりしているので、麺をつけダレにつけて食べつつ、牛肉を後から口に放るのがいいかもしれません。

また、特製のラー油をつけダレに加えるとピリッと刺激がプラスされ、さらに美味しい。オリーブ牛に直接ラー油をかけ、つけダレにつけずに食べるなど、この1皿で何通りもの味わい方ができます。

こんなにたっぷりとオリーブ牛が乗っているので、気になるのは価格ですが……驚愕の980円。はなまるうどんのメニューとしては高価格帯ですが、これだけオリーブ牛が乗っていて980円!

はなまるうどんも価格的に頑張りすぎたらしく、この価格でオリーブ牛を食べられるのはめったにないこと。これはチャンスです!

そのかわり、販売店舗は秋葉原昭和通店と香川の木太店の2店舗のみとなりますが、販売期間中に行けるなら食べに行くべきです。

最後はうどんで締めましたが、うどんだけじゃない香川の魅力、伝わったでしょうか? 特にアートと自然が融合した島巡りは、何度でも訪れたいと思える魅力があります。美しい大自然に溶けこむアート作品のなんとも言えない素晴らしさ。島全体が芸術作品のように感じました。

交通費を安く抑えて、浮いたお金で現地ではちょっと贅沢旅を楽しむのが賢いLCCの使い方。東京からは遠いと思っていた四国。成田からひとっ飛びで行けちゃう香川・高松は、行ってみると意外とハードルが低い! あなたも手軽なLCCを利用して、癒やしの週末旅に出かけてみては?

<はなまるうどん 数量・期間限定「オリーブ牛うどん」>
販売期間:
秋葉原昭和通店(東京) 2015年6月15日~6月28日
木太店(香川) 2015年6月29日~9月29日
価格:980円

ジェットスター成田~高松便往復航空券が当たるプレゼントキャンペーン
特設ページにてジェットスター成田~高松缶の往復航空券(ペア4組8名)が当たるキャンペーンを実施中! 応募期間:5月28日~7月31日

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます