KDDI、スマートフォン/携帯電話のデータ容量をタブレット端末と共有できる「データシェア」開始

2015.6.9 20:37配信
「データシェア」や「データギフト」を使ってムダなくデータ通信を利用することが可能

KDDIと沖縄セルラーは、スマートフォン/携帯電話のデータ容量をタブレット端末と共有できるサービス「データシェア」の提供を6月11日に開始する。

同一名義の4G LTEスマートフォン/携帯電話と4G LTEタブレット端末/PCで、データ容量をシェアできるサービス。一つのau IDに対してスマートフォン/携帯電話1台と、タブレット端末または対応PCが5台まで最大6台で利用できる。家族間でデータ容量を贈りあえる「データギフト」を組み合わせれば、個人でも家族でも使い方に合わせてムダなくデータ通信を利用できる。

対象の料金プランは、iPhone(iPhone 4S除く)、4G LTE対応スマートフォン/携帯電話向けのデータ定額2/3/5/8/10/13、データ定額2(V)/3(V)/5(V)/8(V)/10(V)/13(V)、LTEフラット、LTEフラット(V)、LTEフラット cp(f・2GB)、ジュニアスマートフォンプラン、シニアプラン、シニアプラン(V)、iPad向けのLTEフラット for Tab(i)、LTEフラット for Tab(i) cp、4G LTEタブレット端末向けのLTEフラット for Tab、LTEフラット for Tab cp、4G LTE対応PC向けの LTEフラット for DATA(m)、LTEフラット for DATA(m)cp。

申し込みの手続きは、auホームページのほか、auショップ、お客さまセンターで受付ける。実施中の「はじまる! データシェアキャンペーン」は、「データシェア」の開始に伴い、7月31日をもって受付を終了する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング