京都の異才・山崎彬率いる「悪い芝居」が新作上演

2015.6.10 17:00配信
悪い芝居『キスインヘル』 悪い芝居『キスインヘル』

京都の劇団「悪い芝居」を率いる山崎彬。「ヨーロッパ企画」「木ノ下歌舞伎」「地点」など京都発の演劇が注目を集める中、濃密なせりふと生バンドのオリジナル音楽で描く舞台が若者から圧倒的な支持を集める次代を担う異才だ。6月17日(水)からは作・演出・出演する新作『キスインヘル』を大阪と東京で上演する。

悪い芝居『キスインヘル』チケット情報

悪い芝居の作風は毎回テイストが異なると言われるが山崎は、「劇場から持って帰ってほしいことは一貫して変わってないんですよ」と切り出した。「明日はもう一歩踏み出そうとか、帰り道が違って見えるようなものにしたい。舞台はお客さんの想像力なくしては埋まらない。お客さんが自分の想像力に驚かされるような、言葉で説明できないようなものをつくりたいんです」という。

前作『スーパーふぃクション』は、生バンドの歌と音楽で飛躍する物語を共感度の高いものに仕上げた。「バンドがあって生まれた言葉やテーマをライブ感覚で合わせて演劇にしていったスタイルを、『キスインヘル』でも試したいと思っています。今ってニートとか、ごく普通の等身大の青年が主人公の芝居が多いけど、僕がやりたいのは、日常にはいない人、見られない展開。そこでは音楽はカンフル剤になる。小劇場でやれる限界を引き延ばしてやりたいんですよ」と力強く話す。

『キスインヘル』は、いわく「ウルトラ音楽恋愛悲喜劇」。タイトルから想像するとかなりハードな物語にみえるが、「悪い芝居的月9」という。「僕の中にあるラブストリー。ドラマとは違うとは思いますが、キュンとさせたいですね。観た直後は『めちゃくちゃな恋愛しよう』と思ってほしいのだけど、冷静になったら『これは劇場の中だけでいいや』となって、恋人とか好きな人の見え方が変わっているようなね」。

俳優としても今年は『ロマンス2015』(作:つかこうへい、演出:中屋敷法仁)や東京ハートブレイカーズに出演。二兎社への出演も決まっている。今秋には京都芸術センターの演劇計画Ⅱで『また愛か』を作・演出・出演。今回の『キスインヘル』では個性豊かな客演陣を迎えるなど、挑み続けている。

「稽古は舞台上で自由でいても魅力的な人間になるための修行みたいなのもの。自由でいられれば人の心は動くと思っているし、それをやってくれるゲストやメンバーがそろっています。悪い芝居が演劇を観るきっかけになって、お芝居って面白いと思う人が増えて、お芝居見ることが習慣になっていったら、僕らは野垂れ死にしちゃったっていいと思っているんです」とたくましく話している。

悪い芝居vol.17『キスインヘル』
大阪公演 6月17日(水)~23日(火) HEP HALL
東京公演 6月26日(金)~30日(火) 赤坂RED/THEATER
http://waruishibai.jp/

いま人気の動画

     

人気記事ランキング