ストリーミング型音楽サービス「Apple Music」WindowsやAndroidにも対応

2015.6.10 20:19配信
3000万曲以上で構成するApple Musicカタログがいつでも楽しめる。ラジオステーション「Apple Music Radio」なども提供する

Appleは6月9日、ストリーミング型音楽サービスなどを提供するアプリケーション「Apple Music」を発表した。iPhone、iPad、iPod touch、Mac、Windows PC、Apple TV、Androidスマートフォン向けに世界100か国以上で6月30日から提供を開始する。最初の3か月間は無料でその後、米国では月額9.99ドルで提供する。最大6名の家族で利用できるファミリープランは月額14.99ドル。各国での価格は、サービス開始時期が近づいてから告知する。

ストリーミング型音楽サービス「Apple Music」、ラジオステーション「Apple Music Radio」、アーティストとつながることができる「Apple Music Connect」を組み合わせて提供する。「Apple Music」は、iTunes Storeで購入したり、音楽CDから読み込んだ楽曲に加え、3000万曲以上で構成するApple Musicカタログから選んだりできる。

音楽のエキスパートがユーザーの嗜好に基づいたプレイリスト「For Youセクション」を提供。自分のために選曲された最新のアルバム、新譜やプレイリストが見つかる。音声アシスト機能「Siri」を使って、「1994年のベストソングを再生して」「FKA twigsのベストソングを再生して」「2011年2月のナンバーワンソングは何?」などと聞いて、楽曲を探すこともできる。

「Apple Music Radio」では、Apple初の音楽と音楽文化に特化したラジオステーション「Beats 1」で世界100か国以上に向けて生放送する。ロサンゼルスのZane Lowe、ニューヨークのEbro Darden、ロンドンのJulie Adenugaなど、影響力のあるDJたちが、独占インタビュー、ゲストによる番組、世界のホットな音楽の話題などを含めた24時間ノンストップのリスニング体験を提供する。

また、世界有数のラジオDJたちが作るラジオステーションも提供。インディーロック、クラシック、フォーク、ファンクをエキスパートにが作るもので、メンバーシップによって好きなだけ曲をスキップできるので、ステーションを変えずに聴きたい音楽を聴けるようになる。

「Apple Music Connect」は、アーティストとファンが利用することでApple Musicを通じてお互いにダイレクトにつながることができる。アーティストは、歌詞やバックステージの写真、ビデオ、最新曲をiPhoneからダイレクトにファンに共有することでき、ファンは、アーティストの投稿にコメントを付けたり、お気に入りに加えたり、メッセージアプリケーションやFacebook、Twitter、メールなどを使って共有することが可能。ファンのコメントにアーティストが直接応えることもできる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング