キャメロン監督が『ターミネーター』最新作を大絶賛!

2015.6.11 9:37配信
『ターミネーター:新起動/ジェニシス』(C)2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

アーノルド・シュワルツェネッガーが12年ぶりにシリーズ復帰する最新作『ターミネーター:新起動/ジェニシス』が7月11日(土)より公開されるが、シリーズの生みの親ジェームズ・キャメロンは、本作を高く評価しており、このほど公開されたインタビュー映像で「本作は私にとっては『ターミネーター』の3作目だ」と言い切った。

『ターミネーター:新起動/ジェニシス』特別映像

キャメロン監督が弱冠30歳で手がけた『ターミネーター』(1984年公開)は、当時、ボディビルダーから俳優に転向していたシュワルツェネッガーを起用し、低予算ながら革新的な映像とストーリーで映画界に革命を起こした。続いて製作された『2』では『1』を上回る驚異的なヒットとなり、日本では95億円(※当時は配給収入)を記録し、その年の興行成績のトップに輝いた。

「今回、私は製作には関わっていないが何が観られるのか楽しみだった。ひとりのファンとして。劇場でいち早く本作を観た」というキャメロン監督は「1作目、2作目をリスペクトしたつくりだ。さらに予想外の展開から、未知の領域に踏み込んだ。シリーズに新たな命が吹き込まれたと感じた。まるでルネッサンスだ!」と絶賛。さらに「本作は私にとっては『ターミネーター』の3作目だ。アーノルドがキャラクターをさらに進化させている!」と言い、「期待を遥かに超える展開と予想外のどんでん返し」があることを観客に予告。「私が創造し愛されたキャラクターが帰ってきた」とうれしそうに語っている。

シュワルツェネッガーは最近のインタビューで「彼(キャメロン監督)は先週本編を観た後にすぐに私に電話をくれたんだ。そしてこう言った。『アーノルド、これはファンタスティックだ!100点満点だ!』と。ジェームズ・キャメロンからこんな風に言ってもらえるなんて本当に素晴らしい。彼は私の友人だから、決して嘘はつかない。彼は自分の意見については常に正直なんだ」と明かしている。

『ターミネーター:新起動/ジェニシス』
7月11日(土)全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング