すみれ、海外ドラマに出演交渉 妖艶な悪役をイメージしたミニワンピで登場

2015.6.11 14:59配信
(左から)ベン・マッケンジー、ショーン・パートウィー、すみれ、ロビン・ロード・テイラー、コリー・マイケル・スミス

 米海外ドラマ「GOTHAM/ゴッサム」緊急来日記者会見が11日、東京都内で行われ、主要キャストのベン・マッケンジー、ショーン・パートウィー、ロビン・ロード・テイラー、コリー・マイケル・スミスが登壇。特別ゲストとして女優のすみれも登場した。

 本作は、映画『ダークナイト』で知られる“ゴッサム・シティ” で巻き起こる凶悪事件に、若き日のジェームズ・ゴードン刑事が立ち向かう姿を描いた本格クライムサスペンス。

 この日、妖艶な悪役をイメージした、真っ赤なミニワンピースで登場したすみれ。日本の「ゴッサム」ファンを代表して、ドラマの見どころなどを4人に英語で直接質問したほか、「私、意外と心は弱いけど、武器(体)だけは整えておこうかと思って」と週1回アクショントレーニングにも通っていることを明かし、「いかがでしょうか?」と出演交渉する一幕もあった。

 すみれの猛アピールにロビンは「最高だよ! すぐゴッサムに来てよ!」と大歓迎。コリーも「ぜひすぐにでもお願いします。スタッフさんにもすぐ連絡するよ」とノリノリだった。

 日本は3度目の来日となるゴードン役のベンは「毎回温かい歓迎を受けて感動しています。特に日本の文化、和食が大好き。さらに、すみれさんのような美しい日本女性も大好きです」と アピール。またオフに個人で訪れたという京都では「旅館では、布団で寝るというのにハマってしまった。自宅に帰ったらベッドを捨てちゃおうかな」とちゃめっ気たっぷり。「新宿のロボットレストランがエキサイティングだった」と明かしたコリーに対し、ベンが「京都に行きなさい!」といさめるなど、会場を盛り上げた。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング