安本美緒、初ホールワンマン開催 初の弾き語りも

2015.6.11 15:50配信
安本美緒 安本美緒

シンガーソングライターの安本美緒が、初のホールでのワンマンライブ「明日が聴こえる」を5月16日、東京・Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて開催。ギター、キーボード、パーカッション、チェロによるバンド編成で行い、新たなアレンジで生まれ変わった楽曲の数々に観客は大興奮だった。

【チケット情報はこちら】

昨年リリースした初のミニアルバム『明日が聴こえる』に収録のポップナンバー『朝陽の方へ』でライブはスタート。長い髪をポニーテールにまとめあげて登場した彼女は、満面の笑顔で元気いっぱいに歌い上げた。

この日のために書き下ろしたという新曲も次々と登場。爽やかなポップチューン『Free Bird』では前向きなメッセージを力強く歌い、アコースティック・ギターとキーボードの演奏でしっとりと聴かせた『遠く離れていても』では感謝の気持ちを真摯に歌い上げた。また、“ホールライブ発表から開催までの宝物のような8か月で生まれた曲”という『さよなら ありがとう』では会場に感動が広がった。

シンガーソングライターとして初めて作曲した思い出のナンバー『Atom』や、『明日、新しいわたしに。』、『夢はまだ生きている』などお馴染みのナンバーも披露。さらに、“自分が尊敬してやまない曲を歌う”という恒例のカヴァーコーナーもあり、さだまさしの『片恋』では、歌詞をかみしめるように目をつむりながら歌い、薬師丸ひろ子の『うたかた』は心を込めて熱唱した。

もともとはプロのダンサーとして活動していた彼女が音楽の素晴らしさを目の当たりにし、自分が表現したいことは自分にしか書けない歌詞とメロディー、自分にしかない声で想いを伝える歌にあると気づきシンガーソングライターとなった。最後の曲『おやすみなさい』ではバンドメンバーを見送り、譜面も読めない、楽器も弾けなかったがこの日、これまでとこれからの自身の想いと覚悟を届けるためにたった一人でキーボードによる弾き語りを初披露した。

安本美緒は、7月17日(金)に地元・神奈川のYokohama O-SITEで行われるイベント「ジャムスタンマジックpresents『MAGIC OF MUSIC~友の宴~』」に出演する。チケット発売中。

取材・文:門 宏

いま人気の動画

     

人気記事ランキング