「負ける気がしねぇ」水夏希が仲間とショースターをめざす孤児に

2012.3.5 16:17配信
『TATTOO 14』水夏希 (撮影:西村康) 『TATTOO 14』水夏希 (撮影:西村康)

宝塚を2010年に退団後、昨年は主に映像を活動の場としてきた水夏希が、今年は精力的に舞台に出演する。紅一点の『7DOORS~青ひげ公の城~』の後、5月に上演されるのが、SHOW-ismシリーズ4作目で、ゲストを除く出演者は全員女性という『TATTOO 14』(タトゥー・フォーティン)だ。ショービジネス界での成功を夢見て、ショー・カンパニー「TATTOO 14」を結成し、「負ける気がしねぇ」と前向きに生きる7人の孤児たちの物語について、水が語った。

『TATTOO 14』チケット情報

『TATTOO 14』は水の他、シルビア・グラブ、高良結香、Jennifer、Miz、今枝珠美、保坂知寿が出演する。女性という共通点以外、キャリアも年齢も様々だ。「皆さん個性的で、自分はどこを売りにしたらいいのか、ちょっとドキドキしますね。他の方と同じでは意味がないですし、女優としての自分の個性を改めて見直す機会になりそうです」。水の役は、共同生活をしていた血の繋がらない7人姉妹の“次女”だが、器が大きく、男気にあふれた長男的存在という。「作・演出の小林(香)さんは、役者の本質を捉えたいとおっしゃっていて、本を書かれる前にお話させていただいたのですが、私の細かい所まで見抜いて、当て書きしてくださっています。でもそれだけではお客様にもすぐ想像がついてしまうので、私も気づいていない、観たことのない一面を引き出してくださるとおっしゃっていて、すごく楽しみです」。

会場が、劇場ではなくライブスペースのSHIBUYA-AXというのも面白い。観客は劇中のショーの客でもあるわけだ。「新しい挑戦ですよね。ちょっと雰囲気が違うミュージカルになるんじゃないでしょうか。ライブの良さは、拍手とか熱気とか、お客様と交流できることなので、私は踊り担当と言われていますし(笑)、思いきり踊りたいですね」。期間中、今までSHOW-ismシリーズに出演したアーティストたちが、日替わりでゲスト出演する。中でも宝塚時代に水を支えた彩吹真央との共演は、ファンには嬉しいところだろう。「お忙しい方たちなのに、贅沢ですよね。彩吹さんとは宝塚以来ですし、男役ではなく女性同士で出るのが楽しみです」。

タトゥーとは、一度受けるとなかなか消えない心の傷を表すらしい。「彼女たちは、親に捨てられたり死に別れたり、社会からのけ者にされてマイナスの要素を背負っています。でも、だからこそ心を通わせ、負けない強さが出せたら、観終わった後に明日も頑張ろうと思っていただけるような、勇気が湧く、心温まる作品になるんじゃないかな、と思っています」。

公演は5月17日(木)・18日(金)に兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホールで開幕後、5月21日(月)から25日(金)まで東京・SHIBUYA-AXにて開催。チケットは3月17日(土)より一般発売する。

取材・文:原田順子

いま人気の動画

     

人気記事ランキング