『GAMBA』特報映像が遂に解禁!

2015.6.12 10:32配信
『GAMBA ガンバと仲間たち』(左から、ガクシャ、マンプク、ヨイショ、ガンバ、潮路、忠太、ボーボ、イカサマ)(C)SHIROGUMI INC.GAMBA

『ALWAYS 三丁目の夕日』『STAND BY ME ドラえもん』を手がけた白組が製作期間10年、総製作費20億をかけて映像化する3DCGアニメーション映画『GAMBA ガンバと仲間たち』のティザービジュアルと特報映像が解禁された。

『GAMBA ガンバと仲間たち』特報映像

映画は、1972年に刊行された児童小説『冒険者たち ガンバと15ひきの仲間』(斎藤惇夫著、岩波書店)が原作で、映像作品としては1991年に公開された『ガンバとカワウソの冒険』以来、24年ぶりの新作となる。

本作の製作総指揮には『スパイダーマン』のプロデューサーであるアヴィ・アラッドが就任。白組代表取締役副社長である小川洋一氏が総監督を務めるほか、白組の河村友宏と小森啓裕がメガホンを執り、人気脚本家の古沢良太が参加するビッグプロジェクト。このほど解禁された特報映像には、3DCGでデザインされたガンバと仲間たちの姿が生き生きと描かれており、“小さな勇者”たちが大都会や大自然の中で繰り広げる大冒険の様子が映し出されている。

原作者の斎藤は「半世紀近く前に書いた物語が、どんな映像で、どんな言葉と音楽で、今に甦るのか、子どものように胸踊らせながら公開の日を待っています」とコメントを寄せており、原作本のイラストを基に、新たにデザインされたティザーポスターが6月13日(土)より劇場に掲出される。

『GAMBA ガンバと仲間たち』
10月10日(土)から2D/3D全国超拡大ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング