中谷美紀“バージンクイーン”に共感 「女優として多くのものを犠牲にしてきた」

2015.6.12 18:46配信
 中谷美紀(左)と神野三鈴

 舞台「メアリー・ステュアート」の開幕直前会見が12日、東京都内で行われ、出演者の中谷美紀と神野三鈴が登壇した。

 本作は、16世紀を舞台にした二人舞台。中谷は、国や宗教に翻弄(ほんろう)されながらも“女”として果敢に生きたとされるスコットランド女王、メアリー・ステュアートを、神野は“国家”と結婚した“バージンクイーン”ことエリザベス1世を演じる。

 初日を明日に控えた心境を問われた神野は「もうどんと来い。まな板の上のコイです」と苦笑い。中谷も「できることなら逃げ出したい…」と緊張感をにじませつつ「それだけ素晴らしい作品に巡り会えたという証し。この緊張をうまく昇華して舞台に立てるよう頑張ります」と気を引き締めた。

 また「どちらにより共感するか?」と尋ねられた中谷は「私はエリザベスのように聡明ではないけど、仕事をする一人の女性という意味ではエリザベスですね」と回答。

 その理由について「仕事するからには、自分の感情だけでは物事を進められないし、いろいろな選択を迫られる局面でかなり我慢を強いられることも多くの女性にはある。私自身もそうやって生きてきたので」と説明した。

 続けて「彼女が国家と結婚したように、私は果たして“演じることと結婚した”のかどうかは分からないけど、まあ多くのものを犠牲にしてきたのかなとは思う」と明かした。

 その一方で中谷は「メアリーを通して感情を爆発させて、普段言えないことを口にするのはとても心地が良い」と語り「今回は神野さんの豊満な胸をもみしだくという暴挙にも出ています」と笑顔で予告した。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング