美女と野獣“魔法のものがたり”

東京ディズニーランドでは2020年春にファンタジーランドを中心とした大規模開発エリアがオープン予定。

現在の工事の進捗状況を見学してきました。

東京ディズニーランドで進行中の大規模開発事業は、ファンタジーランドに『美女と野獣』エリア、トゥーンタウンにグリーティング施設「ミニーのスタイルスタジオ」、トゥモローランドに「ベイマックスのハッピーライド」とポップコーン店舗がオープンするもの。

総開発面積47,000㎡、総投資額約750億円という、非常に大きなプロジェクトです。

2018年12月6日、あいにくの雨の中で新エリアの施設名発表に合わせて開催されたプレス向け見学会で工事現場を見学してきました。

史上最高規模「美女と野獣“魔法のものがたり”」

©︎Disney

新ファンタジーランドの目玉となるアトラクションは「美女と野獣“魔法のものがたり”」。

映画『美女と野獣』の名シーンを映画の名曲と共に巡る世界唯一のオリジナルアトラクションとなります。

「プーさんのハニーハント」のような形状の深皿型ライドは、前4人後ろ6人の10人乗り。

まるでお皿自身が音楽に合わせて踊っているかのように座席部分が揺れ動くそうです。

ライドの体験時間は約8分。

似た形式の「プーさんのハニーハント」が約4分30秒であることから考えても、かなり長く、じっくり映画の世界に入り込めるものになりそうです。

投資額は約320億円。

大規模開発事業全体で約750億円のうち、このアトラクションだけで約320億円を使います。

これは単体施設としては東京ディズニーリゾート史上最高。

これまでの過去最高額タワー・オブ・テラーの約210億円と比べても「美女と野獣“魔法のものがたり”」の気合の入りっぷりが分かります。

©︎Disney

制作中の動画を見ると、最新のオーディオ・アニマトロニクスが使用されており、機械なのか疑うほど自然で滑らかな動きのベルが見られます。

王子とのダンスシーンでは足まで動いており、もうどんな技術なのか分かりません。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます