どうしようもなく寂しい夜におすすめ! 女子のための「官能小説」4選

2015.6.21 16:00

どうしようもなく寂しい夜や、眠れない夜におススメの、とびきり素敵な「女子向け読みきり官能小説」を4冊ご紹介します。

「どうしようもなく寂しい。心のスキマが埋まらない。だからといって、本命以外の男性と、食事をしてデートをして……。そういうのも、ちょっとちがうしなあ……」女子の皆様は、そんな風に悶々と悩んだ夜はありませんか? 

今回は、どうしようもなく寂しい夜・眠れない夜に読んで頂きたい、女子におススメの、とびきり素敵な「読みきり官能小説」を4冊ご紹介したいと思います。

あなたの隣にきっといる、とびきりキュートで、人間らしい女子の物語を、心行くまで楽しんでもらえれば嬉しいです。

官能小説初心者におススメ!~恋愛官能小説アンソロジー~

「女性向けの官能小説って、一体何を読めば良いの?」
そんな疑問を持つ方も、きっとたくさんいらっしゃるかと思います。
そんな方にまず読んで頂きたいのが、女性作家が女性のために書き下ろした、恋愛官能小説アンソロジーです。

ハードで生々しい男性向け官能小説とは一線を画し、リアルで共感できるストーリー展開に加えて、女性ならではの繊細な感情がしっかりと描かれています。一冊の本に、数名の女性作家さんの作品が収録されているので、自分に合ったものを探すのも楽しいです!

特におススメなのが、「略奪愛」をテーマに描かれた、書き下ろし恋愛官能小説集『きみのために棘を生やすの』(河出書房新社)そして、様々な形の愛が描かれた気鋭女性作家による官能アンソロジー『密やかな口づけ』(幻冬舎文庫)です。

『きみのために棘を生やすの』は「略奪愛」をテーマに描かれていますが、おどろおどろしい作品が少なく、声にならない声をあげたくなるような、思わず涙がでる作品がほとんどです。

介護する孫に悪態をつくおばあさんが主役の「朧月夜のスーヴェニア」(窪美澄)で、戦時中の恋愛に心を揺さぶられ、“男に愛されている、求められている――”その瞬間だけを求めずにはいられない、そのためなら魔性になる女が主役の「それからのこと」(花房観音)にゾッとする……。また、同棲相手が急に持ち込んだ“文鳥”に嫉妬しながらも、世話を続ける女性の恋物語「かわいいごっこ」(彩瀬まる)に思わず背中を押されたりなど、女性のいくつもの「顔」を堪能できるお話でした。

また、『密やかな口づけ』は、どちらかというと息苦しい話が多いのですが、背徳感が、読んでいて多少癖になるので、おススメです!(笑)

娼館に売り飛ばされ、「姫」と呼ばれていた女性に4年間調教されていた少女のお話「ポルノ姫」(吉川トリコ)は、何だかおとぎ話を読んでいるような感覚になります。
また、大きい胸をもてまし、男女共に散々な目に合わされてきた女性が、その現実に向き合うお話「星屑おっぱい」(朝比奈あすか)もラストで何かがバーンと弾けるような、不思議な感覚が味わえます。

また、ピアノを弾く男性の「指」に惹かれ、生徒と関係を持ってしまうピアノ講師が登場する「指と首」(宮木あや子)は、それはもう背筋が寒くなるラストが待ち受けています……。

2作品共に、色々なタイプの女性が登場し、様々な愛の形が描かれているのですが、「え?そこを切り口にして官能的なお話が展開するの?」とワクワクしながら読めるものもあれば、「うわっ。女ってやっぱり怖い……。でも女はみんなどこかに“棘”を隠し持っているよね……」と妙に納得させられる作品もあり、様々なシチュエーションで、最高の官能アンソロジーが楽しめるかと思います。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

超簡単♪ モテ声&小顔・デカ目美容術

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント