クセがなくクリーミーな鶏レバーの熬り煮

女性の体は、男性に比べて、栄養面では非常にデリケートです。特に月経で失われる鉄分は、定期的に補給する必要があります。

鉄分だけでなく、健やかな肌を保つために必要なビタミンAを多く含む食品として「レバー」があります。

ですが、独特の臭みが気になって苦手という方も多いようですね。

ご安心ください。簡単な調理法で臭みがまったくなく、クリーミーな風味のレバー料理をご紹介します。

コツは「鶏レバー」「水洗い」そして「高温の油で調理」

実はレバーは、プロでも調理が難しい食材です。

ですが、家庭で料理する時は、以下のことを注意して料理すれば、簡単にプロ並みの仕上がりになります。

もちろん臭みもまったくありません。クリーミーな風味で非常に食べやすい味になります。

そのコツは
・クセが少ない鶏レバーを使うこと
・カットしたレバーをよく水洗いし、血をしっかり取り除くこと
・多めの油を高温に熱し、強火で一気に調理すること。

これさえ守れば、臭みはまったくなく、クリーミーな風味の上品な味わいになります。

では、調理法をご覧いただきましょう。

鶏レバーの熬り煮

材料

鶏レバー 200グラム

調味料
しょうゆ 大さじ3
料理酒 大さじ3(なければ水で代用)
おろししょうが 大さじ1

炒め油 大さじ5

3ミリ程度の厚さに鶏レバーをスライスします。

作り方

1・レバーは3ミリ程度の厚さにスライスしてください。

おおよそでいいので3ミリを目安にスライスします。

2・正確に計る必要はありませんが、3ミリくらいの厚さにスライスしてください。

調味料を混ぜ合わせておきます。

3・次に調味料を合わせておきます。

醤油、おろししょうが、料理酒(なければ水)を合わせて、よく混ぜておきます。

カットした鶏レバーをよく水洗いします。

4・次に、3ミリ程度の厚さにカットしたレバーをよく水洗いします。

血で濁った水を捨てて、新しい水を入れて洗うことを繰り返して、水が濁らなくなるまでよく洗ってください。

水が透き通るまでカットした鶏レバーを水洗いしてください。

5・3ミリ程度の厚さにカットしたレバーを洗っても、水がまったく濁らなくなったら、水洗いは終了です。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます