テックウインド、10点マルチタッチパネルを採用した13.3型モバイルディスプレイ

2015.6.15 19:34配信
「On-Lap」シリーズ上位モデル「On-Lap 1303I」。Windows OS環境でのタッチ操作をサポートする

テックウインドは、台湾GeChic Corporation.(ゲシック コーポレーション)のモバイルディスプレイ「On-Lap(オンラップ)」シリーズの新製品として、10点マルチタッチパネルを採用した13.3型の「On-Lap 1303I」を6月下旬に発売する。価格はオープンで、税込み実勢価格は4万5000円前後の見込み。

フルHD液晶の表示性能と携帯性を備えたサブモニタ「On-Lap 1303H」に10点マルチタッチ機能を追加した上位モデル。Windows OS環境でのタッチ操作をサポートし、活用の幅がさらに広がった。

IPS方式のフルHD液晶を採用。上下/左右視野角はそれぞれ178°/178°、解像度は1920×1080のフルHDで、高精細に映像表示できる。映像入力はHDMI/VGA/Mini DisplayPortをサポート。USB方式のモニタとは異なり、映像信号を直接入力するので、相性問題や表示の遅延の問題がない。

電源は、USBポートを経由して供給。AC電源のない環境でも手軽に使用することができる。USBポートを介してタッチ操作の信号を伝送するほか、タッチパネルはWindows 8/7のOS標準ドライバで動作するので、PCに接続するだけで複雑な設定なしでタッチモニタとして利用できる。2chスピーカーやスタンドとして利用できる付属保護カバーなども備える。サイズは345×226×10.5mmで、重さは900g

いま人気の動画

     

人気記事ランキング