©︎Disney

みなさまいかがお過ごしでしょうか! こんにちはアレンデール国民です。

2018年3月から、ニューヨークで公演が始まった、世界待望のミュージカル『Frozen』。

今回、ミュージカルになるにあたり、映画『Frozen(邦題『アナと雪の女王』)』でも作曲を担当していたロペス夫妻が、ミュージカルのためだけに、10曲以上も新曲を書き下ろしました! 

それだけでも神の所業なのに、この新曲たちが、 映画『Frozen』に足りなかった部分を補う素晴らしい曲たちなので、まさにミュージカル版『Frozen』は作品として「完全版」 であると言えると思います。

ストーリーの本筋は同じですが、アニメとは違い生きている人間が演じているので、ストーリーの説得力や、キャラクターの感情をダイレクトに感じることが出来ます。

既存の曲もほとんど全てに新しいアレンジが加えられており、『Frozen』ではあるけれど、私たちの知っている『Frozen』ではない、全く新しい『Frozen』として生まれ変わっています。

私を山に帰してとか言わないから、このエルサ。

新曲を含めたミュージカル版『Frozen』を全曲解説しますので、ネタバレが嫌な方は読まない方が良いかと思います。

解説というより、私の個人的な感想がメインですので悪しからず!

めちゃくちゃ長いし字しかないのでおヒマな時にどうぞ!

ミュージカル版『Frozen』、全曲解説! 

1. Vuelie/Let the Sun Shine On - Company

『Vuelie』は映画のオープニングでも流れた、ナーナーナヘンヤーナーのアレです。

合唱になっているため、映画の時よりも壮大な曲調になっています。

『Vuelie』が終わり、続いての曲『Let the Sun Shine On』がはじまるのですが、こちらは幼少期のエルサとアナが歌い始め、アレンデールの姉妹について説明する曲です。

そして曲中、エルサとアナの手遊びを始めるのですが、アレンデール国民は覚悟してください。

なんと映画『Frozen』の海外版サウンドトラックにて、アウトトラックとして収録されていた、アナちゃんの産声から始まり、幼いエルサとアナが二人で歌う『We Know Better』という、ハイパーかわいい神曲の中のワンシーンが使用されています…!  

もーロペス〜そういうことする〜〜!! 

アナとエルサの子役ちゃんたちの歌声が、この世のものとは思えないくらいかわいいので、是非聞いてみてください。

天使は…ニューヨークにいた…。

この曲では、勢いよく抱きついたアナを抱っこするエルサ、手を繋いでふたりで走り回るエルサとアナなど、尊いの権化のようなシーンをたくさん見ることが出来ます。

国民、目頭を押さえる手が止まりません…そりゃ泣くさ…。

2. A Little Bit of You - Young Elsa, Young Anna

世界一かわいくて、世界一しんどい曲です。

「ふたりで雪だるまを作りましょう、わたしとあなたの素敵なところを足していって。

もし溶けてしまっても、ふたりでまた一緒に作れば大丈夫。

一緒なら、大丈夫」

夜になり、エルサとアナはベッドルームに戻ります。

遊びの時間は終わり、アナにベッドに入るよう促すエルサ。

アナはまだまだ遊び足りず、エルサに魔法をねだります。

エルサの魔法は、この広い世界で一番美しくて、サイコーで、完璧なの! と言って。

本当にそう思う? と聞き返すエルサ。

世界にここだけの、愛に満ちたふたりだけの夜。

アナは本当にエルサの魔法が、エルサが、大好きなんです。

エルサもまた、素直で賑やかなアナが、心から大好きなんです。

ふたりの夜はいつまでも続くと誰もが思うことでしょう。

そう、小さな間違いが起きるまでは。

しんどい。

あーしんどい。

ロペス…ほんと…この神…。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます