2018年公開のディズニー(ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ/ピクサー・アニメーション・スタジオ/ルーカスフィルム/マーベル・スタジオ)作品全9作品を、日々、新作映画の公開日を人生最大の楽しみに生きているライターが、個人の好みだけでランキング。

9位『プーと大人になった僕』

「実写化」という観点で見れば、大成功なんだと思います。たぶん。

原作寄りの、ぬいぐるみプー達も可愛い。

ズオウとヒイタチのシーンは、「ここも実写化するんだ…!」と、感心しました。

大切なものは何か、という事を気づかせてくれる、普遍的なテーマを描いた本作。

仕事でプライベートがおろそかになっている人など、大切なものを忘れてしまっているかも…という人には、響きまくるはず。

せっかちでずんずん我が道を行くタイプの筆者には、プーたちのスローな世界観が、昔からちょっと合わないんです…。

オリジナルの声優陣や、リチャード・シャーマンの新曲は、最高でした。

8位『くるみ割り人形と秘密の王国』

『くるみ割り人形と秘密の王国』 © 2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

‪いい意味でも悪い意味でも、ストーリーに深みがない。

意味深なシーンが多いわりに、「え、もう終わり?こんだけ?」状態でエンドロールへ…

ただこの映画、クララ役のマッケンジー・フォイが、とにかく度肝を抜くぐらい、超絶美少女なんですよ。

ストーリーが入って来なかったのは、彼女に見とれ続けてしまったせいかも(笑)。

せっかく綺麗に作り込まれていたので、それぞれ4つの国の世界観を、もうちょっとちゃんと観たかった。

衣装や音楽、バレエのシーンは素晴らしかったです。

「サラッと綺麗な女の子と素敵な映像と、美しいバレエと音楽が楽しめる、ちょうどいい塩梅のクリスマスムービー」と言った印象でした。

豪華絢爛な芸術作品を、胃もたれし過ぎず大衆的に仕上げた感じですね。

7位『シュガー・ラッシュ:オンライン』

(C)2018 Disney. All Rights Reserved.

『ズートピア』『モアナと伝説の海』と、人生ベスト映画レベルの超絶名作が続いた、ディズニー長編アニメーション。

「その待望の新作が、これ?」感は否めません。

加えて、前作『シュガー・ラッシュ』が、素晴らしすぎたというのもあります。

自身が他人に依存する性格でないからでしょうか、とにかくラルフに感情移入出来ず、冒頭からイライラしっ放し。

それほど愚直にヴァネロペを大切に思っており、だからこそ気持ちがあふれ出て、暴走(結果的に)…というのもわかるんですが、どうにも合わない。

最終的に、2人の友情の結末には満足でしたが、もう少しやり様があったのでは…と思いました。

とは言え、アラン・メンケンの新作ミュージカル、変態レベル(褒めてる)の緻密なネット世界の作り込み、話題のプリンセス大集合と、見どころは多い本作。

とりわけ、やはり「Oh My Disney」のシーンは、コマ送りで観たいほど小ネタ満載だったので、観に行けば絶対に楽しめると思います。

あと、プリンセスは本当にかわいい!!!!

彼女たちの貴重な部屋着姿が見られただけでも、制作陣に感謝の手紙を送りたいぐらいです。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます