『攻殻』25周年! 総監督と脚本家が語る

2015.6.17 17:27配信
黄瀬和哉総監督と脚本を手がけた冲方丁

士郎正宗による原作の誕生から25周年を記念し、この夏公開される『攻殻機動隊 新劇場版』。主人公である草薙素子の過去と、彼女が率いる公安9課(=攻殻機動隊)の誕生を描いた『攻殻機動隊ARISE』、そして攻殻機動隊として初めて挑む事件を描く完全新作映画の製作にあたり、総監督・黄瀬和哉、脚本・冲方丁が再集結。公開を前に、本作に込めたこだわりはもちろん、長年クリエーターを刺激し続ける『攻殻』の普遍性、さらに25年後のエンターテインメントの形を語る。

『攻殻機動隊 新劇場版』場面写真

テクノロジーが飛躍的な進化を遂げる現代において、『攻殻』の歴史をさかのぼり“ひと昔前”を描くジレンマが『攻殻機動隊ARISE』、そして『攻殻機動隊 新劇場版』にはつきまとった。「今思ってる未来観はすぐ古くなる。過去の作品で素子たちはガラケーを使っていますが、さすがに今はスマホじゃないと無理があって(笑)」(黄瀬総監督)、「企画が動き出した数年前に、現実社会でここまでタッチパネルが普及するとは想像していなかった」(冲方氏)

一方で、士郎氏が生み出した『攻殻』ワールドには、時代を経ても色あせない魅力が秘められている。冲方氏にとって原作は「教科書のような存在」だといい、「複雑だけど、破綻していないし、遊び心まである。サイバーパンクの世界で政治劇を描くというフォーマットは揺るぎない個性ですし、今後、次世代のクリエーターが『攻殻』の世界にどんなプラスアルファを見出すか、とても楽しみにしています」と未知なる可能性に、心を踊らせる。

「プラスアルファといえば、やっぱり興味があるのは、近未来の人たちがどんな娯楽を楽しんでいるかってこと。例えば、どんなスポーツを観戦するのか? 想像するだけで楽しいですよ。意外と“リアルの価値”が重視されているかもしれない」(冲方氏)、「将来、人間にとっての“身体性”がどれだけ意味を持つのか…。そこがカギですね。今だって、こと恋愛に関しては、ネット上のつながりで満足している人たちもいますから」(黄瀬総監督)。

まさに『攻殻』25周年のクライマックスを飾るにふさわしいエンターテインメント作品に仕上がった『攻殻機動隊 新劇場版』。「ARISEという形では、これでおしまいです」(黄瀬総監督)、「やりきった感がありますね」(冲方氏)とそれぞれの達成感が刻まれた本作は、長年のファンはもちろん、『攻殻』に初めて触れる観客にとって格好の“入り口”となるはずだ。新たに生まれたファンが、今後いかに『攻殻』ワールドを楽しむかも非常に興味深い。

『攻殻機動隊 新劇場版』
6月20日(土) 全国ロードショー

取材・文・写真:内田涼

いま人気の動画

     

人気記事ランキング