お付き合いしている彼がいる。結婚を意識しているけど、そういった話題を振ると不機嫌になる……彼は結婚のことを考えてくれているの? そう考えると気がきではありませんよね。

ですが、彼が本気で結婚を意識するほどプレッシャーを感じやすくなってしまい、プロポーズができなくなることが多いんですね。

「結婚したいなら、ストレートに言ってくれればいいのに……」

そう思う人もいると思います。

ですが、多くの男性は世代を問わず、結婚したら妻となる女性を経済的にも精神的にも支えなければいけないという教育を受けています。

そのため、本気になればなるほど、あなたにプロポーズをしにくくなってしまうんですね。

ですが、安心してください。彼が「この子と結婚したい」と考える行動をすれば、彼は必ずプロポーズに踏み切ります。

今回は、彼に「この子と結婚したい」と思わせる女性の発言や行動について紹介します。

1:  「二人で考えればいいんじゃない?」

男性は、女性以上に結婚については不安が強いことが多いです。

すでにお話したように、結婚したら妻となる女性を経済的・精神的に支えていかないといけないと考えるからです。

未来のことを話す時は、彼にだけ決断を迫るのはNG。

未来のことを話す時は、「二人で考えればいいんじゃない?」というように心がけると、彼はプレッシャーから解放されて、結婚を決断しやすくなります。

2: 「プレゼントやデートはお金かけなくていいよ」

これも口ぐせにすると、彼が結婚を決断しやすくなるマジックワードのひとつです。

男性は、結婚に対して経済的な不安を強くかかえています。

妻としてお財布をしっかり管理してくれることをさりげなくアピールすると、彼は安心してプロポーズに踏み切りやすくなります。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます