監督&出演者が大作映画『ピクセル』を語る

2015.6.18 10:7配信
メキシコで行われた『ピクセル』記者会見

人気ゲームキャラクターが地球を侵略する様を描いた大作映画『ピクセル』の会見がメキシコのカンクンで開催中の『Summer Of Sony 2015』で行われ、主演のアダム・サンドラー、クリス・コロンバス監督をはじめ、ピーター・ディンクレイジ、ミッシェル・モナハンらがジョークを交えて、世界中から集まった記者たちの質問に回答した。

その他の画像

本作は、宇宙からやってきた侵略者が80年代に人気を博したゲームキャラクターの姿に扮して人類を攻撃する様と、地球の危機を救うべく立ち上がった“レトロゲーマー”たちの戦いを描いた超大作。

コロンバス監督は『ホーム・アローン』や『ハリー・ポッター』シリーズを監督したことで知られているが、脚本家としても活躍しており「アダムが送ってくれた脚本はここ5年ぐらいの中でも非常にすばらしいもので、(自身が脚本を手がけた)『グレムリン』や『グーニーズ』みたいな映画が作れるんじゃないか?と思ったんだ。今の夏の大作はスーパーヒーローものや続編ものばかりの中で、とても新鮮な作品になるんじゃないかなと思った」とコメント。劇中にはパックマンやドンキーコングなど日本で生まれた人気ゲームキャラクターが数多く登場するが「アダムがこの映画の企画を持ってきたときに彼はパックマン、ドンキーコングなどいくつかの権利をすでに取っていたんだ。各ゲーム会社と、何度も何度もミーティング重ねたよ。ビジュアルやストーリーボードを見せて説得を重ね、彼らにキャラクターに敬意を表して扱うと話して理解してもらえたんだ」と説明した。

自宅にパックマンのゲーム機を設置しているほどゲーム好きのサンドラーは「ピザハットにゲーム機があって、スコアはギネスになってるからチェックしてくれ」とジョークを飛ばし「80年代のゲームって暇をつぶす時の楽しい方法だったし、幸せな時間だったな。25セント入れないと遊べなかったし、小銭がなくなると終わりだ。でも今はプレーし続けられるからね」と振り返った。また、ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』で人気上昇中のディンクレイジは「役者としては同じことを繰り返すのではなく、新しいものを取り入れたいし違った役をやりたいんだ」と語り、「同じような役のオファーは来ているんだけど、似たような役なら最も素晴らしい『ゲーム・オブ…』をすでにやっているからね。だから『ピクセルの役のオファーをもらった時はこのメンバーと一緒にできることがうれしかったし、迷わずにオファーを受けたよ」と語った。

会見は終始、ジョークが飛び交うリラックスしたムードの中で行われ、マスコミ向けのフォトコールでは会場に設置された巨大なパックマンのオブジェを前に登壇者たちが驚くポーズで撮影に応じた。

『ピクセル』
9月12日(土)より丸の内ピカデリー他全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング