「袴がひとつしかないのを二人でなんとかごまかすという、かなりコミカルなものなので、そこを大事にしながら作っていきたいと思います」

これまでより広いKAAT(神奈川芸術劇場)での上演も、ひとつの大きな挑戦だ。

「演劇の第一線で活躍されている方々が使う劇場で上演できることは非常に光栄ですね。もちろん自分たちがやりたいということもありますが、お客様に観ていただきたくて開催している公演です。毎年楽しみに待っていてくださる方が増えているというのは、本当に継続していくことが力になった結果だと思っています」

同世代の歌舞伎俳優 たちとともに、毎年自主公演を重ねてきたことが、確実に自身の力になっているという松也。

「本当にみんなが一丸となって走っている。普段から出演者全員で話し合いながらいろんなことを進めています。『挑む』のグループLINEがあって、確認事項やアイデアはすべてLINEで共有しているんです」

『挑む』シリーズはこれまで、「歌舞伎役者の粋と意気」「傾く者の繋ぐ技量」など、サブタイトルでその熱い思いを伝えてきた。今回は「更なる幕へ勇みし気迫(こころ)」。

「これは、プロデューサーが俯瞰で見て、どういう気持ちでやっていくのかを言葉にして提案してくれるんです。僕ら役者だけで闘っているわけじゃない。制作陣も、歌舞伎に関わりのなかった人たちが集まって、気持ちで支えてくれる。僕らもその気持ちに背中を押されてここまでやって来られたと思います。全員が右も左もわからないところから、チームでなんとかやってきた。この『挑む』というのは、公演に関わる全員が挑むという意味が込められているんです」


これからの歌舞伎を引っ張ってゆく役者となるため、挑み続ける松也。上演を前に、6月21日には、イベント「歌舞伎トークパーティwith尾上松也」も開催。

「挑む」への思いはもちろん、素顔に迫る「100問100答」など様々な角度から松也と「挑む」の魅力にスポットを当てるイベントになりそうだ。さらなる彼のチャレンジを見届けたい。

  

『挑む~更なる幕へ勇みし気迫(こころ)』
2015年8月8日(土)
昼の部11:30~、夜の部16:30~
KAAT(神奈川芸術劇場)
S席8,640円 A席7,560円 B席6,480円
チケットぴあにて発売中

『歌舞伎トークパーティwith尾上松也』
2015年6月21日(日)
17:45開場/18:30開演
会場:シーバンスホール(東京都)
料金 当日座席指定 6000円(軽食1ドリンク付き)

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます