まだまだいます! 要注目の新人グループ15組!

2018年は本当にたくさんの新人グループが誕生しました。ここからは少しずつまとめてご紹介します。

清純カワイイ系!DreamNote(ドリームノート)・SATURDAY(サタデイ)

2018年も清純派アイドルは多数デビュー。11月デビューの「DreamNote(ドリームノート)」や7月デビューの「SATURDAY(サタデイ)」はその代表格でしょう。DreamNoteは「MIXNINE」で女性3位に入ったスミンさんを擁するグループ。DreamNote最年少のハンビョルさん、SATURDAYの最年少のユキさんは、そろって2003年生まれの満15才です。これからのガールズグループ・シーンを引っ張っていく年代ですね。

DreamNote/DREAM NOTE

SATURDAY/MMook JJi BBa

シックな大人系!KHAN(カーン)・ShaFLA(シャフラ)

K-POP STAR2出身、元THE ARKのミンジュさんと、同じくTHE ARKのメンバーだったユナ・キムさんによるデュオが「KHAN(カーン)」。楽曲を手掛けたのは、ヒットメーカーBlack Eyed Pilseung。楽曲も実力も折り紙付き! MVも落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

そして「ShaFLA(シャフラ 正式にはS#aFLA表記)」のメンバーは、全員アラサーとかなり大人な女性グループ。経験と実力に裏打ちされた、アダルトな音楽性が印象的。MAMAMOOや、DAVICI、Black Eyed Girlsのような偉大な先輩に続く存在になれるでしょうか。

KHAN/I'm Your Girl?

 

ShaFLA/ DDu-Ru-DDu-PPa-Ra-Ppa

高い音楽性に注目したい6組

CHERRY ON TOP/HI FIVE

楽曲として個人的にイチオシしたいのが「CHERRY ON TOP(チェリ―オントップ)」のデビュー曲『HI FIVE』。ビートもメロディーも楽しい、2STEP感のあるエレクトロニカ・ポップスに仕上がっています。ダンスプラクティス動画も最高で、大音量に乗せたライブパフォーマンスが見てみたい!

Busters/Grapes

厳密に言えば2017年11月のデビューなのですが、2017年新人まとめ記事で取り上げられなかったのでここで紹介させてください。特撮ドラマ「アイドルレンジャー パワーバスターズ」から生まれた「Busters(バスターズ)」のセカンドシングル『Grapes』は、サビの美メロとホーンセクションが印象的。振り付けをSUPER JUNIORのシンドン先輩が手掛けていたりと話題性十分(ダンス動画もあります)。夢眠ねむさん似のチェヨンさんや、最年少13才の美少女ジスさんなど、メンバー的にも強力。このグループ、2019年の注目株かも…。

GIRLKIND/FANCI

PRODUCE101出演のイ・セフンさんが所属する「GIRLKIND(ガールカインド)」は、ガールズヒップホップ系の『FANCI』でデビュー。そして6月リリースの『S.O.R.R.Y』も爽やかなサウンドで、このグループはリリース曲に外れ無しのタイプかもしれません。

 

AZM/EDGE

「AZM(アズム)」のデビュー曲、『EDGE』はかなり凝った音のシンセサウンド。ほんのりラテンテイストを取り入れたビートも中毒性があります。新人がこんな曲でしれっとデビューするのが韓国ガールズグループの底力でしょう。

 

NeonPunch/MOONLIGHT

日本でもショウケースを開催済みの「NeonPunch(ネオンパンチ)」は、ガラージュハウスで勝負。正統派テイストのベースラインがまた泣かせてくれます。

Maywish/Hello

「Maywish(メイウィッシュ)」は、ミドルテンポのシティポップス『Hello』でデビュー。しっかりと展開のある楽曲構成で、良い意味でど真ん中ストレートのアイドルポップスに仕上がっていると感じます。ヘリポートで撮影したMVはスケール感も爽快感も高い出来栄えです。一服の清涼剤のような存在ですね。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます