ブロードウェイの巨匠の新作、柚希礼音「挑戦が過ぎる」

2015.6.19 15:35配信
会見より。左から、市村正親、ハロルド・プリンス、スーザン・ストローマン、柚希礼音 会見より。左から、市村正親、ハロルド・プリンス、スーザン・ストローマン、柚希礼音

アメリカ演劇界最高の栄誉であるトニー賞を、これまでに史上最多の21度受賞している、ブロードウェイを代表する巨匠ハロルド・プリンス。その彼の新作『プリンス・オブ・ブロードウェイ』が、日本で初演の幕を開ける。6月17日、都内で製作発表会見が開かれ、ハロルドほか、出演する柚希礼音らが登壇した。

『プリンス・オブ・ブロードウェイ』チケット情報

プロデューサーとしては『ウエスト・サイド・ストーリー』等々、演出家としては『オペラ座の怪人』等々を手がけ、“ミスター・ブロードウェイ”と呼ばれるハロルド。『プリンス・オブ・ブロードウェイ』は、彼が生み出した数々の名曲・名場面とともに、彼自身の人生を綴るミュージカル・ショーだ。この日ハロルドは「日本も好きだし、日本で仕事をするのも好き」と始終笑顔。作品については「ミュージカルは古き良き時代のものから、ポピュラー音楽が加わり、ロックなどの音楽が使われるようになり、音楽の形態も少しずつ変わってきています。そんな、あるひとつの芸術形態に60年の長い期間かけて起こった変化を描きたい」と構想を語った。

キャストも豪華で、ブロードウェイのトップクラスの俳優たちが集結する。そんな中、日本から唯一参戦するのは、星組トップスターとしてカリスマ的人気を誇り、5月に宝塚を退団したばかりの柚希礼音。「夢のようなお話を頂き幸せ。まさか本当に現実になるとは思いませんでしたが、今日製作発表をやっているので本当のことかもしれない(笑)」と会場を笑わせつつ、「挑戦が過ぎるお仕事ではと思いましたし、宝塚時代より高い壁だと思いますが、思い切り挑戦したい」と意気込みを語った。

ハロルドとともに共同演出、そして振付を手がけるスーザン・ストローマンも、これまで5度トニー賞を受賞したビッグネーム。振付作『クレイジー・フォー・ユー』、演出・振付作『コンタクト』は日本でもたびたび上演されている。そのスーザンからは柚希に対し「彼女はとてもパワフルなパフォーマー。舞台に立った時の存在感も、技術の確かさもある。彼女のために新しく振付けすることを楽しみにしています」という絶賛と期待の言葉が飛び出していた。

さらにこの日は、声の出演としてハロルド・プリンス役を市村正親が務めることも発表に。市村は「ハロルドとは『オペラ座の怪人』からの付き合い。彼の演出作には10本くらい出ている」と話し、「彼の声として、彼の才能を劇場で皆さんに伝えることができたら」と意気込みを語った。会見ではほかにシュラー・ヘンズリー、ケイリー・アン・ヴォーヒーズも出席。シュラーの「プリンスとスーザン、このふたりと仕事をするというのは、アメリカの俳優として夢。どちらかひとりと仕事をするということでも素晴らしいのに、ふたり一緒の現場に入れる。こんな最高のことはない」という言葉からも、この作品の規模の大きさが伝わってきた。公演は10月23日(金)から11月22日(日)まで、東京・東急シアターオーブ、11月28日(土)から12月10日(木)まで大阪・梅田芸術劇場 メインホールにて。チケットは7月25日(土)に一般発売を開始する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング