市原隼人「これは三池組でしかできないこと」 『極道大戦争』初日舞台あいさつ

2015.6.20 16:22配信
 (左から)青柳翔、高島礼子、成海璃子、市原隼人、リリー・フランキー、でんでん、坂口茉琴

 映画『極道大戦争』の初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演者の市原隼人、成海璃子、リリー・フランキー、高島礼子、青柳翔(劇団EXILE)、でんでんほかが登壇した。

 三池崇史監督がメガホンを取った本作は、“ヤクザバンパイア”にかみつかれた人間が次々にヤクザ化してしまうという奇想天外な極道エンターテインメント。

 市原は「現場もすごくハードで寝る間も惜しんだ撮影だったが、みんなバイタリティーがすごかった。これは三池組でしかできないことだった」と語った。

 また市原が、最初に台本を読んだ時の感想を「クレイジーでぶっ飛んでいる。本当にやるのかな?と思った」と明かして笑いを誘うと、成海も「台本を読んで、KAERUくんって何?ってすごく混乱したけどこの“祭り”に参加したいと思った」と告白。

 続けて高島が「(台本を)何回読んでもよく分からない。これはもう監督に任せるしかないと思った」と語ると、青柳も「本当に(内容について)深く考えるのはよそうと単純に思った」と言葉を重ねた。

 一方、リリーは「現場で規制が一時期“R28”ぐらいまで上がった時があった。これ一体誰が見るのって思った。そんな姿勢で撮られたこの映画を初日に見に来てくれた今日のお客さんは本当の映画好き、というか物好き」とユーモアを交えながら感謝した。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング