2019年の年が明け、新年の目標を定めたり、計画を練るのが楽しい時期でもありますね。

そしてmimot読者の中には新年の運勢を占いでチェックしている人も少なくないのでは?

キューバ発祥の「オリチャ占い」は自分で選んだ精霊<オリチャ>に運勢を委ねるという、一風変わった占い。

どの精霊<オリチャ>を選ぶかで見えてくる2019年の運勢と、ライター&編集部の占い体験レポートをお送りします。

オリチャ占いって一体何?

キューバに端を発するオリチャ占い。

その根幹をなすのはナイジェリアなど西アフリカに伝わる「イファ」というユネスコの無形文化遺産にも登録されている占いの体系。

サンテリアという黒人信仰の司祭が秘儀である占いを通して「イファ」のご宣託を信者に伝えてきた歴史がある、と日本におけるオリチャ占いの第一人者、越川芳明さんは語ります。

オリチャ占いの第一人者、越川芳明さん

オリチャ占いの面白いところは占星術や血液型占いのように元から自分のタイプが決まっているわけではなく、自分が選んだ精霊から運勢や未来を導き出せるということ。8人の精霊をそれぞれ一言で紹介すると、

オバタラ…平和、秩序、勉学をつかさどる全人類の父的存在
エレグア…旅行や移動をつかさどるいたずら好きのトリックスター
オグン…鉄、産業文明をつかさどる純情で実直さが特色
オチョシ…狩猟、心のケア、犯罪防止をつかさどる救済やヒーリングのオリチャ
イェマヤー…母親のような深い愛情をつかさどる海の女神
オチュン…恋愛、結婚、お金をつかさどる川の女神
チャンゴ―…雷と稲妻と火をつかさどるパーティ好きのオリチャ
ババルアイェ…難病や伝染病の治癒をつかさどる「平癒」のオリチャ

といった感じ。より詳しいオリチャの紹介は公式サイトを参照してください。

たとえば「2019年は恋愛で開運したいからオチュンにする!」と具体的な希望から決めるのも良し、パっと見で「私の推しキャラはエレグア!」とオリチャを選ぶのも良し、とかなり自由自在な楽しみ方ができるもよう。

まずは、選んだオリチャごとに、2019年早々どのような運勢が待ち構えているか、またどのようなアイテムを身につけたり、お供えすれば運が開けていくかを越川さんにひも解いてもらいました。

あなたが選んだオリチャごとの“年明けの運勢”

オバタラを選んだ人

知性をつかさどるオバタラを選んだあなたが、なによりも気をつけなくてはならないのは「傲慢」です。この時期の運勢には「吉と凶が同時にやってくる」と出ていますので、目先の成功にあぐらをかいていると足元を救われることになるでしょう。

仕事でも恋愛でもそうですが、人生は所詮「いいことと悪いことが半分ずつ」あるものです。幸運にぬか喜びしてもいけませんし、不運にもけっして絶望する必要はありません。

オバタラのシンボルカラーである「白」を基調としたファッションで、いつも気高く、謙虚でいることを心がければ、あなたは道を間違うことはありません。そして、その先ではきっと、「お金では買えない」幸運を引き寄せることができるはずです。

エレグアを選んだ人

人生の岐路をつかさどるエレグアを選んだあなたには、道を誤らないために重要な運勢がいくつか出ています。まず恋愛については、たとえ意中の相手がいても、性急に関係を深めるのではなく、じっくりと様子を見てみることをおすすめします。

また仕事については残念ながら「運はない」と出ていますので、この時期は割り切ってプライベートを充実させることに力を注いだほうがよさそうです。

あまりぱっとしない運勢のように思えるかもしれませんが、金運だけは確実に上がります。それというのもこの時期は、お金をつかさどるオチュンのサポートを得られるからです。

オチュンのシンボルカラーである「黄色」の小物を身につけて、華やかな装いを心がけましょう。

オグンを選んだ人

愚直で職人気質のオグンを選んだあなた。今月のあなたはまさにオグンの純朴さそのままのような運勢に見舞われます。目の前にあらわれる素敵な異性により、あなたの心の平静は損なわれることでしょう。そして、その異性にのめり込むことで、あなたはいくつかの重要なものを失ってしまうかもしれません。人の好さというものは本質的には美徳ですが、それにつけこむ人がいることを忘れないでください。

せっかくの年の始まりですから、何が自分にとって大事なのかを一度整理してみるといいでしょう。それさえきちんと見極めることができれば、あなたの立てた計画は必ず実現します。

ちなみにこの時期は原因不明な病気にも要注意ですが、オグンのシンボルカラーである「緑と黒」のアクセサリーを身につけることで、その病気も回避できそうです。

オチョシを選んだ人

狩りをつかさどるオチョシを選んだあなた。狩人というものは往々にして孤独を愛するところがあるものですが、もしあなたがいま寂しさを感じているのであれば、その寂しさをまぎらしてくれる恋の相手を探すべきです。

ただしこの時期、あなたのまわりには強力なライバルがあらわれ、あなた自身も少し臆病になるかもしれません。ぜひ気持ちを強く持って、自分の信じた道を突き進んでみてください。ほんとうに狙った獲物を手に入れるためには、他人の意見に左右されることなく、冷静に事態を見据えることが必要だということです。

その強い気持ちを忘れないためにも、オチョシに3日間花を供えてみてください。

イェマヤーを選んだ人

人類愛の象徴のようなイェマヤーを選んだあなた。そんなあなたの深い愛情は、ときとして平気で裏切られることもあるでしょう。ですが、あなたはその裏切りに対して寛容でなくてはなりません。負の感情の連鎖を断ち切ることこそが、あなたを幸運へと導いてくれるからです。

今月のあなたの運勢は、ずばり「道は開ける!」と出ています。仕事でも恋愛でもそうですが、あなたが注いだ無償の愛は、かならず大きな実りとなってかえってきます。

ただし、あなたが心のなかに秘めていることはくれぐれも周囲に漏らさないように気をつけてください。イェマヤーのシンボルカラーである「青と白」も、できれば人目につかないよう、下着で身につけておくといいですね。

オチュンを選んだ人

お金と恋愛をつかさどるオチュンを選んだあなたは、とりわけこの時期は恋愛運が絶好調となりそうです。さらにオチュンがもつ天真爛漫さが、仕事にもよい影響を与えてくれるでしょう。

ただし公私にわたる好調さは、当然ながら周囲からの嫉妬や妬みにもつながりかねません。本来であればそんなやっかみには耳を貸さないのがオチュンの特徴ですが、この時期だけは少し謙虚になってみたほうがよさそうです。

調子に乗りすぎると「間違った道に迷い込む」という運勢も出ていますので気をつけてください。

オチュンの加護を得るために、5日間「黄色い花」を供え、頭をきれいな水で清めてください。それと、なるべく他人とかぶらないファッションを心がけることで、オチュンの天真爛漫さを意識するとよいでしょう。

チャンゴーを選んだ人

太鼓をつかさどる情熱家のチャンゴーを選んだあなたですが、あわただしい年末の疲れからか、あなたの打ち鳴らす太鼓のリズムが少々乱れそうです。

この時期のあなたに必要なのはずばり「休養」と「気分転換」。乱れてしまったリズムを元に戻すためには、一度、太鼓を叩くのをやめなくてはなりません。そのためには、ちょっと寄り道をしたり、これまで避けていたようなファッションに挑戦するとよいでしょう。それによって身につけた新しいリズムは、仕事にも恋愛にもきっとよい影響をもたらしてくれるはずです。

ラッキーカラーは、「赤と白」のストライプです。

たまった疲れによる体調不良も少々心配ですが、旅をつかさどるエレグアに3日間花を供えれば、大事にはいたらないでしょう。

ババルアイェを選んだ人

平癒をつかさどるババルアイェを選んだあなたにとって、いま必要なのは「穏やかさ」ということでしょうか。

今月の運勢には「太鼓の皮を壊すヤキギ、自らの皮で償う」という格言が出ています。これは自業自得を戒めるものですが、この時期のあなたは、けっして欲張ってはいけません。裏を返せば、「身の丈」さえ意識しておけば万事うまくいくはずです。コツコツと小さな仕事を積み重ねれば必ず道は開けますし、恋愛でも、いまある幸せを大事にすることが、より大きな幸せを引き寄せることになるでしょう。

ババルアイェのシンボルカラーである「紫」のストールやカーデガンやブーツで体を温めれば、免疫力も上がりそうです。

お次は、ライター&編集部が実際に占ってもらった結果をレポートします。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます