愛之助×貫地谷×真飛×早乙女が見せる“入れ替わり”の行方

2015.6.23 17:15配信
左から、貫地谷しほり、片岡愛之助、早乙女太一、真飛聖 左から、貫地谷しほり、片岡愛之助、早乙女太一、真飛聖

故井上ひさしが初めて大劇場での商業演劇に挑み、1983年に初演された『もとの黙阿弥 浅草七軒町界隈』が、8月から東京・新橋演舞場で上演される。主演は、歌舞伎のみならず現代劇や映像でも大活躍の片岡愛之助。共演の貫地谷しほり、真飛聖、そして早乙女太一とともにコメントを寄せた。

舞台『もとの黙阿弥』チケット情報

舞台は、文明開化の明治20年の浅草。芝居小屋「大和座」に、男爵家の跡取りの隆次(愛之助)が書生の久松(早乙女)とともに西洋舞踊を習いにやって来る。豪商の令嬢・長崎屋お琴(貫地谷)も同じ目的で、女中のお繁(真飛)を伴って大和座へ。実は隆次とお琴との間には見合い話が進んでいるが、相手を知らぬまま、ふたりとも気が進まずにいた。そこでお琴はお繁と入れ替わることを企むが、なんと隆次も久松と入れ替わって見合いに臨んでいた。互いの正体を知らないままの出会いが、思いもよらない騒動に発展し……。

「本当に本当に面白いホン(=戯曲)」と、井上戯曲初挑戦の愛之助。「河竹黙阿弥のパロディがいろいろ入っているので、黙阿弥作品をよくご覧になられている歌舞伎ファンには『あんな要素が入っている』という風に楽しんでもいただけますし、ご存知なくても、頭を使わず充分に楽しめる喜劇になっていて、そういうところの完成度の高さがすごい」。それを受けて「家でホンを読んでいるとき、面白くて声を出して笑ってしまった」という貫地谷は、この中では唯一の井上戯曲の経験者。「『泣き虫なまいき石川啄木』という作品の最終日で、『あ、こういうことだったのか』という発見があって。『もっとやりたかったなぁ』とすごく感じたのを覚えています」と、面白さの中に潜む奥深さを語った。一方、真飛は、「ただ、読んだだけで面白いホンのときって、だからこその不安というか(苦笑)。このメンバーだから大丈夫だろうという思いの方が大きいですけど、自分自身が和物や女性役であることに初心者すぎて、どうしようという気持ちはありますね」と期待と不安を語る。そしてセリフ量の多さにとまどいを見せる早乙女だが、「もし自分が出ていなかったら、客席で観たい舞台。それぞれジャンルの違うところでやってきた人たちがひとつの舞台に立って、いい意味での戦いやチャレンジをしているところが見どころだと思います」と、秘めた情熱をのぞかせた。

初演、再演の木村光一に代わり、演出は栗山民也。初演で演出助手を務めていたという縁もある。『デスノート The Musical』『アドルフに告ぐ」と意欲作続きの栗山による新装版が楽しみだ。公演は8月1日(土)から25日(火)まで。公演チケットの一般発売は6月25日(木)午前10時より。一般発売に先がけて現在インターネット先行を実施中、24日(水)午後11時59分まで受付。

取材・文 武田吏都

いま人気の動画

     

人気記事ランキング