橋本環奈主演で『セーラー服と機関銃~』が映画化 橋本「まさに“夢の途中”にいるよう」

2015.6.23 17:35配信
 『セーラー服と機関銃-卒業-』に主演する橋本環奈

 角川映画40周年記念作品『セーラー服と機関銃-卒業-』の製作発表記者会見が23日、東京都内で行われ、主演の橋本環奈(Rev.from DVL)、前田弘二監督、原作者の赤川次郎氏ほかが出席した。

 本作は、やくざの組長にされてしまった女子高生を描いた赤川氏の同名小説を新たに映画化するもの。過去に、薬師丸ひろ子(1981年公開映画)、原田知世(82年放送ドラマ)、長澤まさみ(2006年放送ドラマ)が本シリーズ作品に主演している。

 主人公・星泉を演じることとなった橋本は「この話を初めて聞いた時は“まさか”という驚きと同時に大きな喜びもあった。名だたる先輩方が演じてこられた作品ですが“誰のように”でなく、自分らしく演じていけたら」と意気込みを語った。

 また橋本は「私の憧れの存在であった薬師丸ひろ子さんが演じた大役をまさか自分が演じることになるとは…。まさに“夢の途中”にいるよう」と興奮気味に話したが、「ただただ感じたことのない重圧でいっぱい」と不安も吐露した。

 だが最後は「今日この時を境に重圧は封印しようと決心しました。やはりこのプレッシャーに負けてしまったら組長・星泉という役は演じることはできないので。角川映画40周年記念第一作という栄えある冠に恥じないよう、全力で作品に臨んでいきたいと思います」と力強く語った。

 会場では、橋本が印象的なシーンとして挙げた「機関銃を撃って『快感』と言う場面」を、報道陣が“橋本バージョン”でリクエスト。呼吸を整えて「快…感…」とつぶやいた橋本は「こんな感じでいいですか?」とはにかんだ笑顔を見せた。

 映画は2016年春全国ロードショー。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング