市原隼人、女子高生に職業意識を語る 「大事なのは“見せ方”より“在り方”」

2015.6.23 20:5配信
 『極道大戦争』の“MX4D版”完成披露試写会に登場した市原隼人

 映画『極道大戦争』の“MX4D版”完成披露試写会が23日、東京都内で行われ、主演の市原隼人、三池崇史監督が登壇した。

 本作は“ヤクザバンパイア”にかみつかれた人間が次々にヤクザ化してしまうという奇想天外な極道エンターテインメント。

 この日二人は、映画のシーンに合わせて、客席のシートが上下左右に動き、風、霧など五感を刺激する約11種類の特殊効果が連動する“体感型”シアターシステムで本作を鑑賞した。

 三池監督は上映終了後、共に鑑賞した女子高生約30人に「みんなよく頑張ったな」と言葉を掛けながら、「自分で作っておいて言うのもおかしいが、最高に楽しかった。まさか女子高生と一緒にこんな体験をする日が来るなんて」と笑いが止まらない様子だった。

 一方、市原も「“映画ってこんなに楽しいんだ”って、映画館で初めて腹を抱えて笑ったし、涙も出た。4Dも予想以上の臨場感だった」と興奮気味に語り、女子高生たちから寄せられた「すごく衝撃的だった」「やばい」といった感想にも大きくうなずいていた。

 また、女子高生との対話の中で「役者をやってきて思うのは、どんなことでも大事なのは“見せ方”より“在り方”ということ」と切り出した市原は、「自分の職業に誇りを持って、やるべきことをしっかりやる。やらされているという姿を見るのは好きでない。どんなことでも経験としてプラスに持っていけるはず」と職業意識について熱く語った。

 続けて「この映画も今の映画業界に対するメッセージとして作られた挑戦的な映画。なので、皆さんも挑戦することを忘れないでいただきたい。どうかすてきな人生を送って下さい」とエールを送った。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング