オスカー女優メリル・ストリープ、3年ぶり5度目の来日!

2012.3.7 14:50配信
『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』来日会見に登壇したメリル・ストリープとフィリダ・ロイド監督

『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』で今年の米アカデミー賞主演女優賞に輝いたメリル・ストリープが、本作の日本公開に先がけてフィリダ・ロイド監督と共に来日し、7日に都内で記者会見を行なった。

その他の写真

本作はイギリス初の女性首相マーガレット・サッチャーの半生を描いた人間ドラマ。ロイド監督とストリープは『マンマ・ミーア!』に続いて2度目のタッグとなる。

アメリカ人であるストリープは「英国ではアウトサイダーである私が、愛されそして批判されたミセス・サッチャーを演じるのはとても難しいことだったが、(同時に)自分自身について学ぶことでもあった。正確で真実に近いように心がけた」と存命の人物を演じるにあたっての責任と苦心を明かした。さらに役作りにあたって「観た人が自分を重ね合わせることができるようにしたかった」と、首相であり、妻であり、母でもある“ひとりの女性”としてのマーガレット・サッチャーであることを強調した。

記者から「同じ女性としてサッチャーの魅力はどこか」と聞かれたストリープは「たとえ首相になってもハンドバックを持ち、ヒラヒラのブラウスを着て女性らしさを失わなかった。でも、涙など弱々しさは決して見せないところ」だと回答。一方、ロイド監督は「普遍性のある作品を作ろうと心がけた。核にあるのは老齢についてでもある。難しいテーマではあるけれど何かを感じとっていただけたら」と作品をアピールした。

『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』
3月16日(金) TOHOシネマズ日劇ほか全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング