日本エイサー、360°回転ヒンジとタッチパネルを備えた11.6型モバイルノートPC

2015.6.24 18:39配信
360°回転ヒンジを採用した「R3-131T-N14D/B」

日本エイサーは、モバイルノートPC「Aspireシリーズ」の新モデルとして、360°回転ヒンジを備えた11.6型の「R3-131T-N14D/B」を7月10日に発売する。価格はオープンで、税別実勢価格は5万5000円前後の見込み。

360°回転ヒンジを採用した「R3-131T-N14D/B」は、動画閲覧やプレゼンテーションなど、さまざまなシーンに合わせてに自由に変形して使うことが可能。タッチ操作に対応し、タブレットとしても使える。無線LAN規格「IEEE802.11ac」に対応し、ストレスのない超高速通信が可能。バッテリ駆動時間は約8時間で、遠方への外出でも長時間使用できる。

サイズは、高さ約20.9×幅298×奥行き211mmで、重さは約1.58g。表天板には滑りにくく指紋もつきにくいテキスタイルデザインを採用した。カラーはスカイプブルー。

回転ヒンジやタッチパネルを採用していない「ES1-131-N14D/K」もラインアップする。「データ復旧安心サービス」を利用することが可能。ユーザー登録をすることで購入日から1年間、うっかりミスによるデータの消去、ファイル消失、システム異常などの論理障害と、ハードディスクの機械的・電気的な破損や故障などの物理障害のトラブル時のデータ復旧に対応する。

サイズは高さ約21.2×幅291×奥行き211mmで、重さは約1.25kg。バッテリ駆動時間は約5.5時間。カラーはダイヤモンドブラック。税別実勢価格は、4万5000円前後の見込み。6月24日に発売する。

「R3-131T-N14D/B」「ES1-131-N14D/K」ともに、CPUはCeleron プロセッサー N3050(1.60GHz)で、4GBのメモリ、500GBのHDD、ウェブカメラ、SDカードリーダー、ステレオスピーカー×2、内蔵マイクロホン×1、Bluetooth 4.0を搭載。インターフェースは、イーサネット(RJ-45)ポート×1、USB3.0ポート×1、USB 2.0 ポート×1、ヘッドホン/スピーカージャック×1、HDMI出力ポート(HDCP対応)×1を備える。OSはWindows 8.1 Update 64 ビット。Windows 10に無料でアップグレードできる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング