長谷川博己、人生を変えた出合いを語る 「トラウマになるぐらい怖かった」

2015.6.24 21:49配信
(左から)園子温監督、長谷川博己、麻生久美子、西田敏行

 映画『ラブ&ピース』のジャパンプレミアが24日、東京都内で行われ、出演者の長谷川博己、麻生久美子、西田敏行、園子温監督が登壇した。
この映画は、園監督が“愛”をテーマに怪獣特撮映画の要素を取り入れて描いたオリジナル作品。
 主人公のうだつがあがらないサラリーマン・鈴木良一を演じた長谷川は、映画について「最初見たときは、ちょっと演技をやり過ぎちゃったかなって後悔があって…。でも、冷静になって見直すと最後にジーンとくるというか、無意識に訴えかける感動があった」と率直に語った。
 そんな“過剰演技”を心配する長谷川に対し園監督は「全然! 見ていただければ分かるけど、長谷川さんはこの作品で何枚もの殻を破った。普通5年ぐらいかかるところを1秒ぐらいでやった。とにかくすさまじい」と絶賛。
 良一が恋する同僚を演じた麻生も「長谷川さんは何でもできる。演技の振り幅もすごいし、(劇中の)ギターや歌も、以前にバンドを組んでたのかと思うほどすごかった」と感心しきり。長谷川とは飲み仲間という西田も「彼、(体形は)スラーッとして一見青白いけど、実は内側に熱いものを持っていて、しゃべっていても楽しい。馬が合うんだよね」とその人となりを褒めたたえた。
 作品の内容にちなんで、人生を変えた予期せぬ出合いについて尋ねられた長谷川は「スピルバーグ作品ですかね」と回答。「3歳の時に『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』に連れて行ってもらって、それがトラウマになるぐらい怖かった。でもハマっちゃって。それがなかったら今この仕事はしてなかったと思う」と振り返った。
 映画は6月27日からTOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング