「同性に嫌われる女性」には残念すぎる共通点があるようです。ふとしたきっかけで嫌われ女子になってしまうと、その後の人生もつまずいてしまいがち。そこで今回は、「つまずき女子」にありがちな特徴をご紹介します。

順風満帆に進んでいたと思っていた人生が、ふとしたコトをキッカケとしてつまずいてしまうコトってありますよね。

とくに、同性の目線はときに厳しいモノですが、人間関係を円滑に進められなくなってしまえば、やがて孤独な「ぼっち人生」を歩む危険もあり、そのまま人生につまずいてしまう事態も招きかねません。

同性に嫌われる女性って、なぜか残念すぎる共通点があるようですが、嫌われ女子になってしまえば、その分、人生もつまらないモノになってしまいますよね。

そこで、一瞬にして人生をつまずいてしまう「つまずき女子」にありがちな特徴を、7つご紹介しましょう。

1. ケチ

がめついほどケチな女性には、「もう、あのコとは遊びたくない!」と感じる女性も少なくないのでは?
自分だけがトクしたいのがミエミエだったりすると、その子のために何かをしてあげたいっていう気持ちも萎えますよね。

例えば、みんなで出かけたときに高速代やガソリン代に対する配慮が欠ける女性や、女子会で自分はお酒を飲まないからって会費を値切ってくる女子などは、同性を敵にまわしやすく、人生をつまずきかけているといえるのではないでしょうか。

2.常に自分の話にすり替える

女性は共感の生き物なので、「わかる、わかる~」と話を聞いてもらうとホッとしますよね。
ですが、「わかる!」のあとに、「私もさ~」が必ず入ってくる女性も、同性からゲンナリされる傾向があるのでは?常に話題の中心にいないと気が済まないタイプの女子も、同性から反感を買いやすいですよね。

自己主張が強すぎるばかりに、周囲を敵にまわし、人生をつまずいちゃうかもしれないタイプといえそうです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント