玉山鉄二「熟成したカッコいい大人に」 「マッサン」きっかけでウイスキー好きに

2015.6.25 13:23配信
ニッカウヰスキーアンバサダーに就任した玉山鉄二

 期間限定でオープンする「ニッカウヰスキーストーリーバー東京」プレスビューイベントが25日、東京都内で行われ、俳優の玉山鉄二が登場した。

 NHKの朝の連続テレビ小説「マッサン」で、ニッカウヰスキーを創業した竹鶴政孝氏をモデルにした主人公を演じた玉山が、このたび「ニッカウヰスキーアンバサダー」に就任。

 肩書の入った特大名刺を受け取った玉山は「身が引き締まりますね」と笑顔を見せながら「アンバサダーの名に恥じないよう、ニッカウヰスキー、そしてジャパニーズウイスキーの素晴らしさを広く伝えていきたい」と意気込みを語った。

 また、もともとはウイスキー派でなかったという玉山だが「マッサン」の役作りの過程で、ウイスキーを飲むようになったと告白。今では「基本的に毎日飲みますが、一番うまいなと思うのは、やはり仕事を終えた後ですね。そこまでは強くないんですが…」と照れながら明かした。

 さらに「竹鶴氏と出会って感化される部分がたくさんあった」とあらためてドラマを振り返った玉山は、「竹鶴氏の情熱、魂に触れる中で、自分も役者としてこびない美学、物づくりに対する思いを強く胸に刻むことができました」とコメント。

 感謝の思いを伝えつつ「僕もウイスキーのように熟成していって、ちゃんとしたカッコいい大人になっていきたい」と抱負を述べた。

 玉山はこの日、会場で数種類のウイスキーのテイスティングを披露したほか、女性記者一人に対し、好みに合わせたウイスキーをセレクトするというサービスも実施。お酒の好みを聞く中で「男性はどんな方がタイプですか?」とユニークな質問も繰り出し、会場を沸かせていた。

同店は26日~7月12日、東京・六本木ヒルズ内の「ヒルズカフェ/スペース」にてオープン。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング