わかりづらッ! 「奥手男子」が発している“好きサイン”4パターン

2015.6.28 6:30

全く脈なしだな~と感じる男性がいても、実はその人は必死になって好き好きアピールをしていたりします。今回は、とても分かりづらい「奥手男子の好きサイン」についてお話しします。

女子が「この男子、まったくの脈なしだよね~」と思っていても、その男子は必死になって好き好きアピールをしていたりします。

今回は、夜ごと、好き好きアピールをしたりされたりしているキャバ嬢の由香里さん(24歳・昼間は社長秘書)に、超わかりづらかった奥手男子の好きのサインについてお聞きしてきました。

1. 理屈っぽくなる

「奥手男子って、わりと理屈っぽい人が多いように思います。恥ずかしいのかな? いつも仕事のことを理屈っぽく語っているお客さんって、あとになって私のことが好きだったというのが発覚するというパターン、多いです」

これは著者も感じます。年齢を問わず、奥手男子の理屈っぽさったら! 取材でガールズバーやスナックのカウンターで、客の話を聞いているとよくわかります。

2. 「べつに・・・」

「私がなにを話しても『べつに……』と言っていたお客さん。私のことが好きだから、どうしてもお店を辞めてほしかったそうです」

このての奥手男子も多いですよねえ。理屈っぽく饒舌になるか、「べつに」と無口になるか……要するに奥手男子は会話が極端ってことでしょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント