Spice BAR 猫六(向島) ポークカレーとクリーミーキーマの2種盛り ポークカレーとクリーミーキーマの2種盛り 1350円 それぞれ単品でも頼めるけれど、初訪問なら、どちらも味わえるこちらの2種盛りがお得。

【料理も充実! 呑めるカレー屋】Spice BAR 猫六(向島)

店主の遊び心と高い技術が融合した、スパイシーな料理が充実

築地で鰹節屋を営んでいた芳谷昌宏さんが2014年4月、向島にオープンさせた「猫六」。バーカウンターが中心で、店内はカフェのようなさわやかな開放感と清潔感がある。カレーの人気が高いのだが、スパイス料理と世界のクラフトビールの店だ。

独自の工夫を凝らしたカレーのほか、スパイスを使ったおつまみメニューが豊富に揃う。「砂肝のマサラ炒め」「チキンティカ」などをつまみつつ、異国のお酒を一杯。そんな楽しみ方ができる店なのだ。「スパイス=辛い、ではなく、香りや、様々な食材との組み合わせを楽しんでほしい」と、店主の芳谷さんは語る。

定番のカレーは「ポークカレー」と「クリーミーキーマ」の2種類だ。ビネガーでマリネしたポークがごろりと入った「ポークカレー」はスパイシーでありながらこってりとした旨みがある。荒く挽いたキーマでつくる「クリーミーキーマ」はまろやかで独特の食感がある。また、人気の「ポテトサラダ」は、ケーキのようなデザインがかわいらしい。そんなふうに一品一品、見た目も味わいもひとひねり。店主の遊び心と技あり料理が楽しめるおすすめの一軒だ。

墨田区東向島2-14-2 
03(6657)2286 
18:00~翌1:00(LO24:00)、日曜11:30~15:00 ※売切次第終了 
月曜・第2火曜休
16席 
喫煙可 
カード不可
予約可 
昼目安1000円~/夜目安2000~3000円 
東武線曳舟駅より徒歩約1分

Cafe HINATA-YA(神保町) チキンカレー チキンカレー 850円 ソースには野菜がたくさん溶け込んでいて、辛さの中にも甘みがある奥深い味わいとなっている。

【個性いろいろ! 喫茶店カレー】
Cafe HINATA-YA(神保町)

開放感あふれる眺めのいいカフェで癒しのひとときを

空がよく晴れたのどかな午後。そんなときに訪ねたいのがここ「Cafe HINATA-YA」だ。“ひとりでふらりとやってきて、空いた時間でビールと軽い食事が楽しめる場所”、というのがこの店のコンセプトである。なるほど、椅子やテーブルや置いてある小物もひとつひとつセンスが良く、居心地は抜群だ。なにより、壁一面が大きな窓になっていて、神保町の街並みがとても広く感じられるのが気持ちいい。

そもそもカレー屋ではなくカフェなのだが、「チキンカレー」が評判となり、おいしいカレーが食べられる店として知られるようになった。インド料理屋で働いた経験を持つ店主のカレーはピリリと辛いスパイス使いが特徴的。チキンは、皮や脂身を取り除いてあり、香りがよくコクがあるにもかかわらず、あっさりとした味わいに仕上げてある。

「Cafe HINATA-YA」を訪ねるもうひとつの楽しみは、都内でほぼ稼働していない手動式のエレベーターに乗れることだ。レトロなエレベーターが連れて行ってくれる居心地のいい空間。ちょっとした非日常の体験が、カフェでの時間を楽しく演出してくれる。

千代田区神田小川町3-10 振天堂ビル4F 
03(5848)7520 
11:30~LO21:00 
月・日曜・祝日休 
19席 
禁煙
カード不可 
予約可(18時以降) 
目安1000円 
東京メトロほか神保町駅、JRほか御茶ノ水駅より徒歩約5分

ボーイズカレー(神保町) カレー付きハンバーグ カレー付きハンバーグ 890円 カレールーは鶏ガラスープと小麦粉、カレー粉からつくる。ハンバーグにかけてもおいしい。

【やっぱりこの味! カレーライス】ボーイズカレー(神保町)

庶民的だけど奥深い「ボーイズカレー」のまた食べたくなる味わい

「カレー」「ハンバーグ」「スパゲッティ」など、ひと昔前の子どもが大喜びしそうなメニューの並びを見るだけで、ここがどういう店なのかが見えてくる。そして予想にたがわず、出てくる料理はどれも懐かしい味が楽しめる。

店がオープンしたのは1982年(昭和57)。カレーの激戦区の神保町で30年以上にわたり愛され続けてきた。通りに面したガラス張りの店で、店内にはコの字のカウンター席があるだけだ。「ランチのときにサラリーマンの方はささっと料理が出てこないと困るでしょ?」と店主。手早くつくれる料理を手早く出せるレイアウトで提供しているのだ。

人気は「カレー付きハンバーグ」。690円の「ハンバーグ」に「カレー」がついて890円とはなんともリーズナブルだ。しかも、ハンバーグだけで250gもあってボリュームにも大満足できる。「最近、カレーのとろみを少し抑え目にしています。小麦粉を控えて、サラサラした仕上がりにしました」。料理の味はシンプルだが、30年を経てなおも変化し続ける。常においしいものを提供したいと考える「ボーイズカレー」。長く愛される理由がそこにある。

千代田区神田神保町2-4 
03(3263)1898 
11:00~20:00、土曜11:00~15:00 
日曜・祝日休 
17席 
禁煙 
カード不可 
予約不可
目安600円~ 
東京メトロ・都営地下鉄神保町駅より徒歩約1分

<企画協力>
はぴい:カレーライター。カレーに特化した取材執筆とデジタル機器関連の取材執筆を行う。ブログ「カレーですよ。」は総記事数4000を超える。

※昼のみ、または夜のみのメニューを掲載している場合もあります。詳しくはお店へお問い合わせください。
※掲載情報は2015年4~5月取材時のものです。やむを得ない事情により情報が変更になる場合もございます。あらかじめご了承ください。

▼▼あわせて見たい、絶品「ナポリタン」▼▼

おいしいカレーの店 首都圏版

今日も明日もカレーが食べたい!
王道のインドカレー、欧風カレーから注目のスリランカカレーまでうまいカレー屋200軒!
[購入者特典!スマホで見られる電子版付き]

 
「うまい肉」更新情報が受け取れます