2018年12月29日(土)から31日(月)までの3日間、東京ビッグサイトで「コミックマーケット95」が開催されました。こちらでは、当日の模様をコスプレを中心にお届けしていきます。

平成のラストを飾る「コミックマーケット95」は、1日目が17万人、2日目が19万人、3日目が21万人、3日間合計で57万人が来場しました。

2019年以降は東京オリンピック開催の影響を受けて開催が初の4日間になることや、東京ビッグサイトの東展示棟が使用できなくなること、東京ビッグサイトから1駅離れた青海展示棟に企業ブースが配置されるなど、元号が変わってから大きく「コミックマーケット」が変化します。そんな平成最後の「コミックマーケット」を紹介していきます。

まずは企業ブースの様子から紹介。企業ブースは西展示棟(西3~4ホール)と東展示棟(東7ホール)に配置されていて、1日目は会場限定商品や先行発売商品などを求めて長蛇の列ができていました。

 

 

2018年に一大ブームとなったバーチャルYouTuber・キズナアイを中心としたブース「キズナアイ & upd8」では、1/1スケールのキズナアイフィギュアが展示され、多くの方がブースに足を止めて撮影をしていました。

またアニメ制作会社・MADHOUSEのブースでは、2018年に放送されたアニメ『オーバーロード』シリーズのキャラクターに扮したコスプレコンパニオンが来場者を出迎えてくれました。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます