ニューヨークを代表するファッションブランド「ALEXANDER WANG (アレキサンダー ワン)」とユニクロとのコラボレーションアイテム「UNIQLO and ALEXANDER WANG(ユニクロ アンド アレキサンダー ワン)」では、これまでにないスタイリッシュなデザインのヒートテックが揃っています。

スタイリッシュなデザインは、外着にもなるヒートテック

メンズウエアも充実しているので、ペアで揃えてみては?

肌寒い日に1枚重ね着するだけで、暖かく過ごせるのがユニクロのヒートテック。クローゼットの必須アイテムともいえるヒートテックですが、タウンユースも可能なスタイリッシュなデザインが登場しました。

ニューヨークを代表するファッションブランド「ALEXANDER WANG (アレキサンダー ワン)」とコラボしたアイテムが、2018年11月より発売されています。

気になるアイテムは、ウィメンズが10アイテム、メンズが6アイテムの計16アイテム。おなじみのヒートテックのほかに、"裏起毛"で通常の約1.5倍暖かい極暖ヒートテックの商品もラインナップされています。

気になる色味ですが、定番色であるブラックやホワイトなどに加え、ファッションのアクセントになりそうな鮮やかなイエローも取り揃えられています。光沢のあるリブ素材に、V字模様に見えるカッティングが取り入れられているため、通常のヒートテックよりもスタイリッシュな印象。

リブクールネックT(長袖)や、クルーネックT(長袖)など、今季の流行りである大き目なタートルネックセーターなどにも合わせやすそう。

ヒートテック初のブラやショーツは、天竺素材で触り心地もさらっとしています。ブラカップの下にデザインされたアレキサンダー ワンのロゴがさりげないデザイン。ブラも、着け心地が窮屈ではないフィット感で、普段使いに出番が多そう。

ショーツも、深めの股下で腹部を冷やしません。洗濯物が乾きにくいこの季節には、合わせやすいシンプルな下着は、洗い替えのために何着でも買いそろえたくなります。

「ヒートテックリブタンクボディースーツ」(2,990円)

珍しいアイテムで目を引くのが、ボディスーツ。一般的にはどのように着ればよいのか迷ってしまいそうですが、いつものキャミソールやショーツの代わりに一枚着るだけで、かさばりがちな冬の重ね着がすっきりとして見えます。

股下部分は、肌に直接触れないスナップボタンで開閉できます。

一度穿いたら手放せないレギンスも、股上は深めのデザイン。通常のヒートテックのほかに、極暖ヒートテックのレギンスも用意されています。

こちらのレギンスに使われている生地にもV字状にリブの凹凸が流れるデザインを採用。ウエストゴムにはロゴテープが施されています。暖かいだけではなく、見えてもおしゃれなのがコラボの魅力と言えそうです。

ユニクロ&アレキサンダー ワンのヒートテックはオンラインストアと全国のユニクロ店舗にて好評販売中。詳細はホームページでご確認ください。

【取材協力】ユニクロ

「ハピママ*」更新情報が受け取れます