「平成最後にふさわしいカレンダーができました」とアピールした平祐奈

 『平祐奈 CALENDAR 2019.04-2020.03』発売記念握手&チェキ撮影会が12日、東京都内で行われ、女優の平祐奈が出席した。

 カレンダーは、自身の20歳の誕生日に発売された写真集『Comme le Soleil』に掲載されていない秘蔵カットを収録したもの。

 晴れ着姿で登場した平は、新成人となった心境について「私もこの日が来たんだなって、すごく身が引き締まる思いです。大人っていう自覚を持たなきゃなって思いました」と話した。

 「家族からお祝いの言葉は?」と聞かれると、「お姉ちゃん(平愛梨)に着物の写真を送ったら、『美しい~。祐ちゃんにぴったりだね』って言われました。両親からは、成人しても毎日『まだ赤ちゃんだね』って言われています。私は6人きょうだいの末っ子なので、めいっ子やおいっ子と変わらない扱いを受けています」と明かして、笑いを誘った。

 「お正月休みはどう過ごした?」との質問には、「静岡に富士山を見に行きました。姉夫婦と大みそかにすき焼きを囲んだり、一緒に過ごしました」とエピソードを披露。

 今年の抱負については「20歳になってすでに2カ月がたっているので、一日一日を大切にしたいです。今年、書き初めをして『極』という字を書いたので、学問とか趣味、日本文化に対する意識を極めていきたいです」と意欲的に語った。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます