報われない恋に依存するのはNG! 知っておくべき「片想いの賞味期限」

2015.7.2 16:00

好きになった人を諦めきれず、気づけば何年も経っていて、彼氏いない歴がどんどん長くなっている……。そんな女性は少なくないはず。今回は、そんな報われない恋に依存しないためにも、『片想いの賞味期限』とはいつなのかを探ってみます。

好きになった人を諦めきれず、気づけば何年も経っていて、彼氏いない歴がどんどん長くなっている……。そんな女性は少なくないはず。理想的と思える魅力的な男性を好きになったなら、すでに彼女や奥さんがいても、なかなか諦められないでしょう。

でも、どう頑張っても自分のものにはならないと、想いを断ち切らなければならない時もあるはずです。片想い状態にやるせなさや物足りなさを覚えるなら、ちゃんと両想いになれる男性を探して愛を交わしたほうが賢明だといえます。

今回は、報われない恋に依存しないためにも、『片想いの賞味期限』とはいつなのかを探ってみます。

片想いの賞味期限は1年!

どんなに熱烈な想いを傾ける相手でも、1年追いかけてどうにもならなかったら、その人との縁はないと思った方が良さそうです。学生時代の頃の片想いが社会人になってから報われるとか、10年越しの愛が結婚へたどり着くなどという話がないわけじゃありませんが、そういう例は本当に稀です。特に、相手男性が結婚まで約束した彼女を持つとか、すでに既婚者という場合は、1年を待たずに潔く諦めた方が良いかもしれません。

昔の歌に「命短し、恋せよ乙女」という歌詞がありますが、その通りです。女性がのびのびと恋愛を楽しめる期間は思いのほか短く、実は限定されているといえます。30代も半ばを迎えれば、片想いをするということ自体を恥ずかしく思う女性もいると聞きますから。アラサーに突入すれば、『1年』を目安に恋をしていくと良いでしょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

超簡単♪ モテ声&小顔・デカ目美容術

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント