恋をすると、彼しか見えない。彼が世界のすべて。これは恋愛の醍醐味でもあり、一番楽しい状態でもあります。

しかしあまりにも周りが見えてなさすぎるのも問題です。

この時期のやり過ごし方は、そのまま突っ走るか、落ち着くのを待つか、それとも別の方法がいいのかわかりませんよね。

今回は「こんな状態になったら危険」のラインと、ベストなやり過ごし方についてご紹介します。

こうなったら危険!要注意な「恋は盲目」状態

人付き合いが減ってしまう

「恋は盲目」状態は人付き合いがガクッと減ります。彼がいつも最優先で、友人・知人のことがどうでもよくなったら要注意。

家族をうざがったり、コミュニケーションを取らなくなったらもっと危険です。

彼が「ダメ」と言ったものをやらなくなる

彼が世界のすべてになっているので、彼の話すことは全部正しく思えてきます。深く考えずに彼に同調したり、彼がダメと言ったことを、ダメだと思うようになったら危険です。

同性の付き合いが後回しになる

同性同士の約束を先にしていても、後回しに。後回しどころではなく、平気でキャンセルすることも多いかもしれません。このような女性はわりと多いですが、危険ラインです。

恋愛脳全開になってしまう

何でも恋に結びつけて考え、彼と比較しはじめたら要注意。

「他の男はくだらない、恋以外くだらない。恋をしている私は素敵」「恋をしていない人の気が知れない」と、何もかもがくだらなく見えるようになったら危険です。

仕事が手につかない

仕事中も彼を考えていてミス連発、ぼんやり。「なんでこんなことしてるんだろう。早く会いたい。仕事なんてどうでもいい」と思ったら「恋は盲目」の始まりです。

一人の行動をやめた

彼に時間を取られ過ぎて趣味などをやめてしまう。そのかわりに彼の趣味を一緒に始めるのはいいことですが、自分の趣味をやめることはありません。

彼以外興味がなくなってしまうのは、かなりの危険ラインです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます